日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

ノンアルコールビールではないよね

この前、送別会のときに「ホッピー」を飲んでいる人がいた。

なんか名前は聞いたことあるけど、なじみのない飲み物だなと思っていた。

そしたら、まさに地元の酒なのだという。

ビンを見せてもらうと、確かに工場所在地が調布市になってるなぁ。


といっても、ホッピー自体は酒ではなく、酒の飲み方という話になるが。

ホッピー物語 HOPPY STORY (ホッピービバレッジ)

1948年に開発された飲み物で、当初の位置づけはノンアルコールビールだったのだという。

そもそもなんでノンアルコールビールを作ろうとおもったのかというと、ビールが高級品だった時代に代用品として考えられていたらしい。

とはいえ、そんな代用品が本当にうまいのかという話はあって、結局あんまりうまくいかなかったらしい。

そんな中で、ホッピーは質の良いノンアルコールビールとして、戦後まもない頃に発売されたのだという。

もっともアルコール度数0.8%だそうなので、酒税法上は酒ではないにしても、ノンアルコールとは言いがたいのだが。

で、そういう商品が出てきて、消費者はどうしたのかというと、適当なアルコールをホッピーで割って飲み出したのだという。

ビールは高嶺の花で庶民は手が出せず、また酒というと粗悪なアルコールしかなかった当時、ホッピーとその粗悪なアルコールを割ると臭いお酒も美味しく飲める、ビールより安く早く酔えると、人々に受け入れられ爆発的に売れました。

ビールの代用品という役割は果たせてるからいいのかな?

ただし、こういうことが行われたのは概ね関東圏に限られるので、全国的に広がったというわけではない。


この店では、焼酎を注いだグラス、ホッピーの瓶、かき混ぜ用のスプーン が提供されて、

客がグラスに適宜ホッピーを注いで、かき混ぜて飲むようになっていた。

こういう方式なので、飲む人が焼酎とホッピーの割合を適宜調整できるという特徴がある。

というわけで、焼酎の部分だけおかわりを頼むことができるようになっていた。

今にしてみれば、ビールの代用品としてホッピーを飲まなければならない理由はほとんどないし、そもそもこのときは飲み放題でビールを出してくれた。

ただ、それでも濃さを適宜変えられるというのはビールにはない特色だし、そういうところを含め好みだということで飲む人もいるのだろう。


以前、酒税法の話を書いた。

意外と清酒が安い

2006年以前の酒税法では、ビール・発泡酒を別として、アルコール度数1%あたり約1万円/kLのラインに乗っかるようになっていた。

この時代に例外的に高かったビール・発泡酒の定義から逃れるように第3のビールは生まれたと書いた。

現在も今後も、焼酎をはじめとする蒸留酒はアルコール度数1%あたり1万円/kLで変わらない。ただ、それ以外はずいぶん変わっている。

酒税の均一化という流れの中で、第3のビールは発泡酒に取り込まれ、ビールと発泡酒の酒税が同じになることになっている。

麦芽を使うなどしたビールに似た飲み物はとりあえず発泡酒というジャンルに入るということである。


そこでホッピーは? と考えると、確かに焼酎をホッピーで割った飲み物は発泡酒のような飲み物になりそうだが、

ホッピー自体は酒ではなく、酒税が課税されるのは焼酎部分だけなんだよね。

ホッピー自体は麦芽を使った飲料なのだが、酒ではない以上、発泡酒のような扱いを受けることはない。

焼酎は単純にアルコール度数に応じた課税だ。蒸留酒の特性上、これが変わることはそうそうないだろう。

というわけで、今も昔も将来的にもアルコール度数に応じた酒税になる飲み物なんだよね。制度上もユニークな飲み物だ。

そのためにはホッピーがアルコール度数1%未満で出荷される必要があるので、自分で割るのが前提ですけどね。


ということを、隣の市の生まれの人が教えてくれたんですけどね。

自分はどんな飲み物なのか実際に味わったわけじゃないのでなんとも言わないけど。

ただ、調べてみると、生まれた経緯もおもしろいし、現在においても独特の意義があるし、制度上もユニークだ。

というわけで、誇るべき地元の酒なんだと思いますよ。(ホッピー自体は酒ではないにせよ)

好きかどうかは人次第でしょうけど、それはどんな酒でもそうですから。


Author : hidemaro
Date : 2018/02/05(Mon) 22:40
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools