日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

雪の影響はかなり救済された

今朝は雪の影響もさほどではなく。とはいえ、電車は少し遅れてたみたいだけど。

それにしても、職場まで歩いてても思ったけど、市内でもずいぶん積もってたねぇ。

引越前を含めても、家の周りでこんなに積もったのは初めてかもねぇ。

関東平野でこんなに積もるのは本当に珍しいですからね。その割には朝の影響は少なかったのでは?


昨日は朝から雪が降り始め、昼頃にはある程度積もっていた。

そんな状況ですから、今後、交通機関への影響も懸念されるという状況だった。

そんなわけで昼休み明けには午後半休にすると言って帰った人とか、

フレックスタイムで退勤時間を15時過ぎに変更すると申告する人も出ていた。

そんな中で部長から「交通機関への影響が懸念されるのでできるだけ15時過ぎで退勤としてください。残業はなしにしてください。」と連絡が来た。


この指示に従って15時過ぎで退勤とした場合の勤怠上の扱いは昨日時点では明らかではなかった。

コアタイムが終わった直後なので、フレックスタイムで対応できる範囲ではある。

なので、通常は フレックスタイム -2時間 で処理することになるのだが、

雪という事情や部長の指示であるということを考えると、定時まで勤務したものとして取り扱うのが妥当という話もあった。

とはいえ、課長もどちらになるのかは昨日時点では分からないと言っていた。


勤怠上の扱いがどうであれ、安全に家に帰ることがなにより大切なのは言うまでもない。

そんな中で、こういう指示が出たので、公共交通を使っている人などは15時過ぎにはみんな帰っていった。

部長からのメッセージが出たことで、打ち合わせとかも全部延期になりましたからね。

おかげで踏ん切りがついたという人も多かっただろうと思う。

とはいえ、雪の影響はさほどではない人もいて、そういう人にとってはなかなか悩ましいことだ。

部長の指示だから救済措置もあるだろうから帰った方がよいという話もあったし、特に問題がないと判断すれば定時までは仕事をするという話もあった。


それで今日、人事から昨日の雪についてこういう指示が出た。

  • 昨日、雪の影響で半日休暇・時間単位休暇・早退(コアタイム内)・フレックス退社した場合は、通常通り勤務したものとして入力してください
  • 在宅勤務の場合は、実際の勤務通りに入力してください
  • 休暇などが雪の影響かどうかは各職場で判断してください
  • 今朝、雪の影響で出勤が遅れた場合も通常通り勤務したものとして入力してください

なので、午後半休で帰るよって言った人も、指示通り15時すぎ退勤にした場合も、いずれも通常通りの勤務として扱うようだ。


今朝、部長は人事からの指示とは別に「15時過ぎでの退勤は業務命令なので入力不要です」と連絡を出していたが、

その後に発表された、人事からの指示では、さらに広範囲に雪の影響を救済するものになっていた。

いずれも後追いでの指示ではあったが、自分で判断して早く帰った場合も、上司の指示で早く帰った場合も、同様に救済されるのはよかったと思う。

「雪だから、午後から在宅勤務にします」とかは救済対象外だけど、これは帰宅すれば正しく勤務できるから問題なしという理屈は成り立つから。


帰宅を早めるという選択をした人は多かったわけだけど、

これにより、いつもより帰宅ラッシュが早まってしまい、想定外の混雑が発生したようだ。

もともと本数の少ないローカル線では、高校生のテスト期間に昼間の列車が混むとか、場合によっては臨時列車を出すこともあると聞いている。

こういう現象が関東圏の通勤路線で大規模に突発的に発生したってことだよね。そりゃ大変だ。

うちの職場の人でものすごいひどい目にあったという話は聞いてないけど。

そもそも出勤したのがミスだったって話ですかね。朝時点で在宅勤務にするとか決断してもよかったのかもね。

逆に昨日時点で、今日を在宅勤務にすると決断した人もいたわけだけど、雪対策としてはさほど効果なかったのかも。

こちらは事前に決めて、在宅勤務で問題ないように業務を調整した上で行っているので問題ないんですけどね。


Author : Hidemaro
Date : 2018/01/23(Tue) 22:46
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools