日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

新gTLDだから取れたドメイン

金曜に出勤したら、勤務先のグループ会社が新しいWebサイトに移行するということが発表されていた。

複数のドメインに分散していた情報を1つに集約するという意図もあるようだ。

そのドメインを見て驚いたんだけど、最近増えたgTLDだったんだよね。


ドメインというのは大きく、generic top-level domain(gTLD) と country code top-level domain(ccTLD) に大別される。

gTLDは .org のように地域によらず(.govのような例外もあるが)使われるドメイン、

ccTLD は .jp のように国・地域ごとに割りあてられたドメインを指している。

伝統的には gTLD というのは .com, .net, .org, .gov, .edu, .mil の6種類だった。

ところが2000年以降、.info, .biz などのgTLDが少しずつ増えてきた。

そんな中で2012年、条件を満たせばgTLDの新設ができるようになった。


具体的にはこういうこと。

いよいよ始まる、東京のドメイン「.tokyo」各ドメイン登録サービス提供事業者で先行登録受付開始~ インターネットを通じて東京を世界へ ~ (GMOインターネット)

トップレベルドメインに「.canon」を採用 本日よりグローバルサイトを刷新  (Canon)

新しいgTLDはドメイン業者が申請して取る場合、業界団体が申請して取る場合、自ら使用するために企業が申請して取る場合などある。

GMOはドメイン業者として.tokyoドメインの新設を申し出ている。目的は .tokyo ドメインを売って儲けることでしょうね。

一方で企業が自ら使うために新gTLDを取得する例もあって、確か .canon はその世界初の事例だったはず。

まだ .canon の使用例はそこまで多くないが、将来的にはグループ内のドメインをここに集約したいんだろうな。


なぜ、新しいWebサイトで新gTLDが選択されたか?

その理由はおそらく3文字のドメインを取りたかったからだろう。

3文字のドメインというのは歴史のあるドメインではまず取れない。そんなに短いのは取り尽くされてるから。

.info や .biz も登場当初はそういうことができたが、今となってはそれも難しい。

そんな中、新gTLDはものすごい数があるから、そんな短いドメインも取れる可能性がかなり高くなった。

用途に適した新gTLDで空いているかは分からないけどね。そう考えるとうまいこと見つけたなぁと思うんだけど。


ただし、せっかく3文字のドメイン取ってもそこまで短くはないんだけどね。

元々、5文字+.com で計9文字のドメインだったが、新しいドメインは 3文字+6文字のgTLDだから、.入れて計10文字、1文字増えてんだよなぁ。

この会社、もともと3文字の会社で、なんとかそこを生かしたかったんだろう。確かに前より直感的ではある。

でも、旧ドメインも悪くはなかったと思うんだよなぁ。2文字を足して.comを取ってたわけだけど、それはそれで字面よかったしね。

どうしてもこの文字列でドメインを取りたいというなら、新gTLDに飛びつく価値もあるんだろうけど、

多少は変えてもいいよっていうのなら、無難なところから選ぶ方が総合的にはいいような気はするな。


新gTLDが新たな選択肢を増やすことに役立つならよいのだけど、こういう困った話もある。

アダルトサイトからブランド保護 (お名前.com)

.xxxドメインはアダルトサイト向けに2011年に追加されたgTLDだ。(なので一般的に申請でgTLD取れるようになる少し前のこと)

.xxxはアダルトサイト専用なので、ゾーニングに役立つという触れ込みで導入が認められた経緯があったようだが、

アダルトサイトが必ず.xxxを使ってくれる保証はないわけで、実態としては何の役にも立っていない。

その一方で自社の商標が.xxxと組み合わせて使われるのを不都合と考える人のために、保護用にドメインを取るということもできる。

お名前.comは保護用に.xxxなどアダルトサイト向けドメインの取扱を行っている。実用目的で使える.xxxドメインは取り扱っていない。

そんな商売ありかよって思うんだけど、新ドメインには原野商法のような側面もある。


ちなみに新gTLDと国際化ドメインの組み合わせというのもある。

例えば .xn—q9jyb4c 、これを見ても意味不明だが「.みんな」ってことですね。

はじめよう.みんな

なかなか国際化ドメインも使い所が難しいところだが、日本語ドメインならトップレベルまで日本語にしたいという話はあろうと思う。

日本語.jp のように日本語+ローマ字では中途半端じゃないかという話。

そう考えると国際化ドメインの新gTLDというのもニーズがあるのかなとは。

まぁそもそも日本語ドメインってのがどうなのよって話はありますけどね。


Author : hidemaro
Date : 2018/01/06(Sat) 23:55
Linux・Net・Web | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools