日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

路線バスなのに白いナンバープレート

自転車で走ってると、バスのケツを追うように走ることもあるわけだけど、

前のバスを見て、ナンバープレートが白色に見えて、自家用バスかなと思ったが、どう見ても路線バス。

それで改めて見てみたらラグビーワールドカップのナンバープレートだった。


特別仕様ナンバープレート申込開始 ~ラグビーワールドカップ2019の成功に向けて~ (国土交通省)

これがそのナンバープレートの申込開始時の発表内容なのだけど、

下のナンバープレートの例を見ると、事業用も軽自動車も白基調のナンバープレートになっている。

とはいえ、事業用は見た目で区別できないと不都合ということで、緑枠にすることで事業用を表している。

確かにバスについていたナンバープレートは緑枠があったので、ちゃんと事業用のナンバープレートだね。


なんで通常のナンバープレートと色のポリシーが違うのかという話だが、

このために用意されたのが白基調のデザインだけだったからということらしい。

なので、黄色基調のデザインで記念ナンバープレートが作られれば、

軽自動車も小型自動車・普通自動車も、自家用も事業用も全て黄色のナンバープレートになりうるということか。

今のところ、ラグビーワールドカップと2020年の東京オリンピック・パラリンピックの2種類しかなく、いずれも白基調になっているのだが。


このナンバープレートを付けていたバス会社は調布市に営業所があって、このバスも調布市の営業所所属なんじゃないのかなぁ。

調布市は2019年のラグビーワールドカップの会場となる都市の1つだ。

というか、開会式・閉会式を行うのが調布市の味の素スタジアムだから、実質メイン会場ですね。

おそらくそういう地縁があることが、ラグビーワールドカップのナンバープレートを付ける動機になっているのではないだろうか。

この記念ナンバープレートには背景に絵柄が入ったタイプと、ワンポイントだけの2タイプがあるのだが、

絵柄が入ったタイプは寄付金を納めた場合に限って使えるもので、そちらを選んでいたので、このバス会社は寄付金を納めていると。


で、この寄付金って、大会主催者に入るのかと思ったが、そうでもないらしい。

日本デザインナンバー財団というところに寄付して、これが交通の利便性・安全性向上に関する事業に使われると。

直接、大会のためにというわけではないのだが、一応、大会関係の交通整備にも使いますよとは言っている。

そこの趣旨が正しく理解されているのかなというのは気になるところ。

一方で寄付金は最低1000円でOKということで、寄付金付きだからといってハードルが高いわけでもなさそう。

というかこれなら寄付金なしという選択肢必要だったんですかね?


ところで、自家用と事業用の区別は緑枠を付けることで対応したが、軽自動車については特に区別の方法を用意していない。

それでいいの? って話はあるんだけど、他にも区別方法があるのでよしとなったようだ。

他の区別方法というのは、ナンバープレートの分類番号(2桁または3桁の数字)で、一定のルールで判別できる。

ナンバープレートの色を変えていたのは有料道路の通行料区分を判定するためという事情もあったようだが、

そもそもETCが普及しているし、人がやるにしてもナンバープレートなどから自動的に車種を判定する仕組みが使われてるはずなんだよね。

そもそも色で区別できるのは軽自動車か小型自動車 or 普通自動車の区別だけで、

小型自動車または普通自動車 を 普通車・中型車・大型車・特大車の4区分に分類するのはまた別のテクニックがいる。

基本的にはナンバープレートの分類番号を見ることで区別できる仕組みだが、大型車・特大車の区分はそれだけではできないかも。

というわけで、色で区別がつかなかったとしても、従来の延長線上で軽自動車の判定は可能なのでOKということ。


事業用のナンバープレートが全面緑色から緑枠になることについては、区別法が変わったというだけの話ではある。

とはいえ、「白タクにご注意」とか注意書きを見ることある通り、やっぱり手っ取り早い区別方法として定着してるんだよね。

この記念ナンバープレートが緑枠があるとはいえ白っぽいのは、タクシーにとっては死活問題かも。

と思って調べたら、やっぱりそういう問題が起きているようで。

ラグビーワールドカップ2019開催記念ナンバープレートについて (日個連 東京都営業協同組合)

バスは大丈夫だと思うんだよね。路線バスを偽装する会社は考えにくいし、貸切バスにしても飛び乗るようなものではないので。

ただ、タクシーは紛れると分からないという懸念はある。白タクにタクシーメーターがあるとは思えないけど、とはいえ……


Author : hidemaro
Date : 2017/11/29(Wed) 23:16
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools