日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

平気で現金を送るの?

先日、会社の同期の人と飲み会があった。

それでその場で代金の精算ができなかったので、後で払いに来るようにいう話になった。

実はその後に他の飲み会があって(僕は不参加だったが)、時間が詰まっていたので、後日精算にならざるを得なかったのだ。


それで、E-mailでいくらと連絡が来たので、とりまとめの人のところに払いに行ったのだが……

実はこの人の職場は他の建物の7階ということで、とにかくめんどくさい。

うちのフロアで他に参加した人がいれば、まとめて払うことにして楽できないかなぁと思ったんだけど、

このフロアには誰もいなかったので、自分だけで払いに行くことにした。

終業後に渡り廊下を渡って、階段をひたすら上がって、払いにいくと「わざわざ持ってきてくれたの」との反応。


僕はそんな非常識な! と思うんだけど、どうもこの会社の人は平気で社内便で現金を送るらしい。

すなわちとりまとめの人の近所で働いている人は別として、社内便で送ればいいんじゃないの? って思ってたのかもしれない。

こういう話ってけっこう聞くんだよね。社内の現金のやりとりを社内便でやってもよいと思っている人はけっこういるらしい。


皆さんご存じの通り、普通郵便で現金を送ることは出来ない。

内国郵便約款で現金・有価証券・貴金属を送る場合は一般書留(簡易書留ではない)にしなければならないとなっており、

特に現金を送る場合は、原則、郵便局で売っている現金封筒に入れることになっている。

ただし、現金封筒に収まらないサイズの場合(現金とA4サイズの物を送るとか)は、自分で用意した封筒に割印して使うことも許容される。

いずれにせよ郵便で現金を送るのは、現金封筒を買っては、現金書留にしてはとお金も手間もかかる。


当然のことながら、社内便で送る途中に事故があったとしても、それは補償されない。

そこは覚悟の上で使っているのだろうが……

でも、郵便では補償があるとかないとか、そういう問題ではなく、そもそも禁止ですからね。

もしも普通郵便で現金が入ってるのを見つかったら、差出人に戻されると言われている。それぐらい厳しい。

送ってる途中で現金が失われるようなことがあっては困るし、そもそもあり得ないというのが僕の考えだ。


それはそうとして、そもそも代金の精算を現金でやること自体なんとかならんのかという話がある。

どうせこの会社の人は経費精算口座として、みんな同じ銀行の同じ店舗の口座を持っている。

だから少なくともその口座を使う分には手数料の問題はない。

ネットバンキングでちゃちゃっと払っちゃえばよいのだ。でも、そういう文化がないんだよね。

以前、僕が集金するときに半分冗談で「振込でもいいぞ」って言っても、誰一人そんなことをやろうという人はいなかった。


中国なんかだとスマートフォン決済が幅を利かせているだけあって、個人間でもスマートフォンでやりとりすることが多いようだ。

多くの人が同一のプラットフォームを使っているからこそできることだが。

日本でもせめてネットバンキングで簡単に送金できるなと多くの人が思えるようになればいいんですけどね。

確かにそれでも送金手数料とか、送金反映までの時間とか問題はあるんだけど、同一銀行ならばこのあたりの問題はかなり緩和される。

本当は銀行の壁も越えてできればいいんだけど、まずは今使える道具を有効活用できないとね。


Author : hidemaro
Date : 2017/11/21(Tue) 23:20
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools