日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

東名と新宿は近づいたというけど

今回は往路も復路も新東名スーパーライナー、平日で割引運賃つかんだのでものすごく安い。

朝早くに出発して、近鉄特急を使って名古屋駅へ、そこからJRハイウェイバス乗り場に行くと、

ちょうど「新東名スーパーライナー新宿4号」がやってきた。

復路は新宿便だったんですね。


東京行きの東名ハイウェイバスに乗っても、用賀PAで下車するのが常だ。

用賀PAで逃れる技がある

山の手に行く場合はこれが速いというのが大きい。

ただ、そもそも山の手のターミナルに行くバスがあれば、そっちの方がよいとも言える。

東名ハイウェイバスは伝統的に東京駅発着なのだが、首都高速中央環状線と渋谷線がつながって以来、新宿経由便の設定が出てきている。

東名ハイウェイバスの新宿経由便は名目上、東京駅発着になっている。新宿~東京駅も営業運転となっている。

JRバスの営業所が江東区にあるので、回送がてら営業運転していると言われているが、本当だろうか。


名古屋駅を出て、新東名を快調に進む。

途中で工事のため渋滞もあったが、大したことではなく、あとは東名に合流してからも順調に走って首都高速に。

用賀PAでの降車希望者はなし。昼間のバスで用賀PA降車可になってから初めて通過したような気がする。

そして大橋JCTで中央環状線に入るわけだが、この大橋JCTのランプウェイでひどい渋滞が発生していた。

大橋JCTは高架の渋谷線から、地下の中央環状線に向かってぐるぐると下る構造になっている。(cf. JCT・複雑なルート案内/大橋JCT (首都高速))

中央環状線と東名高速を結ぶ重要ポイントとあって通行量も多いのにこんな構造だから渋滞しやすい。

抜けてしまえば、あとは中央環状線を北上し、初台南出口で出れば、もう少しで新宿(バスタ新宿)なので、そこは便利なんですけどね。

到着は定刻より3分遅れ、新東名の工事の影響か、大橋JCTの影響か、ほぼ定刻だし、さしたる問題ではないが。


本当は渋谷発着だと一番スマートなんですけどね。

大橋JCT自体、渋谷のターミナルまで目と鼻の先ですからね。

いかに中央環状線ができたとはいえ、新宿を目指すのは合理的とも言い切れないような気はする。

ただ、東京最大のターミナルである新宿に行くことに意義があるんでしょうね。

立派なバスターミナルも出来たし、伝統的にJRバスも拠点として使ってきたところですし。


そんな具合で家に帰ってきて、買い物に行って、明日からは仕事と。

秋の6連休は有意義に過ごせたのでよかったんじゃないかな。

6連休って見るとなかなかすごいな。

去年も5連休だったから大差ないとも言えるが。


Author : hidemaro
Date : 2017/11/06(Mon) 21:10
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools