日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

その昔、荒川と利根川は一緒だったが

おととい「荒川・利根川水系」とうっかり書いたけど、この2水系を一緒にして扱うのは利水の話で、治水はそうじゃないよねと。

利水でこの2水系が一緒に扱われるのは、武蔵水路の存在が大きい。

武蔵水路について (水資源機構 利根導水総合事業所)

埼玉県・東京都への水道用水供給と、隅田川の水質改善(利根川からの水を足して流量を確保する)を目的としている。


でも、実はもともと荒川と利根川って同じ水系だったらしい。

どういうこと? って調べたら驚くべきことがわかった。

川について知る (江戸川河川事務所)

そもそも、現在の利根川水系の流れはこのようになっている。

利根川: 群馬県みなかみ町→羽生市→古河市(渡良瀬川と合流)→茨城県五霞町(江戸川と分岐)→銚子市
江戸川: 五霞町(利根川から分岐)→江戸川区(河口付近で旧江戸川と分岐)
渡良瀬川: 日光市→古河市(利根川に合流)
中川: 羽生市→越谷市(大落古利根川と合流)→葛飾区(新中川が分岐して旧江戸川に合流、中川自身はそのまま河口へ)

そういや江戸川って何なんだろ? とは思ってたんだけど、利根川の分流という位置づけなんですね。

利根川本川はなんと銚子に向かっていたわけだ。

群馬県・栃木県からの水が主には銚子に向かうというのは違和感があるが、それが今の利根川である。


これがもともとはこんな流れだったらしい。

利根川: みなかみ町→羽生市→(現:大落古利根川)→越谷市(荒川=現在の元荒川と合流)→(現:中川)→江戸川区
荒川: 秩父市→熊谷市→越谷市(利根川=現在の中川と合流)
渡良瀬川: 日光市→古河市→(現在の江戸川=かつては太日川と呼ばれた)→江戸川区
常陸川: 茨城県境町→香取海(→銚子付近で海と交わる)

下流部は今と何一つ合わないというのがすさまじいが。

これが江戸時代に行われた治水事業により、利根川の負荷軽減が図られた。

  1. 羽生市付近の利根川と古河市付近の渡良瀬川の間をつないで、利根川の水を太日川(=江戸川)に流すようにする
    かつての羽生市付近より下流の利根川は 大落古利根川~中川 となる
  2. 熊谷市付近で荒川と吉野川(→市野川→入間川)の間をつないで、吉野川~市野川~入間川を荒川にする
    かつての荒川は 元荒川 となる
  3. 古河市付近の利根川を五霞町付近を経て境町付近から常陸川につないで、常陸川を利根川にする(太日川=江戸川は舟運のために水は流している)
  4. 五霞町から江戸川へ直行する短絡ルートを作り、利根川・江戸川の分岐点を古河市付近から五霞町付近にする

以上の結果、荒川は入間川水系と結合され、残る利根川水系は香取海を経て銚子へ向かうルートと、江戸川を経て東京湾へ向かうルートができた。

香取海というのはかなり広大な内海だったのだが、利根川から流入する土砂が堆積し、大きな内海はだんだんと埋まっていき、

それでも湖として取り残されたのが霞ヶ浦や印旛沼の湖沼ということだそう。


一方でかつて川だったところは、江戸川は別として、上流から切り離されたが、

雨水や農業排水、下水の流入があるので、大落古利根川・中川や元荒川のような中小河川として残っている。

これらの流域は低い平地ということで大雨になってもなかなか水が流れず、その結果として洪水被害に悩まされることになった。

上流と切り離されたから上流からの水は引き受けなくなり、流れる水の量はぐっと減った。

でも、中流・下流部に降った雨を流す役目は残っている。だから一定の流下能力は必要なのだけど、周辺の都市化が進み、改良も難しい。

そこで取られた対策が首都圏外郭放水路の建設だった。

概要 首都圏外郭放水路とは (江戸川河川事務所)

倉松川・大落古利根川・中川などの中小河川から洪水時の余剰な水を引き受け、地下水路を経て、江戸川に安全に放流するわけだ。

先週末の大雨でも活躍し、過去の同規模の大雨と比べても浸水害を大幅に抑えることができたとのこと。


大阪平野でも似たような話はある。

大和川はかつて柏原市付近から現在の長瀬川~第二寝屋川~寝屋川~大川(旧淀川)と流れていた。

これを柏原市付近から堺へ向かうように付け替えを行った。

これにより奈良盆地からの水を比較的安全に流せるようになった。

一方で寝屋川流域は低地が続き、中小規模の河川の流下能力が不足し、洪水被害に悩まされた。

これも対策の切り札は地下河川で、寝屋川北部地下河川寝屋川南部地下河川の事業が進んでいる。

現在は部分的に完成し、下流への排水はできないが、貯留はできるということで、洪水被害の軽減に役立っている。


ところで、○○水系という言い方があるけど、実はこれってけっこう難しいんだよね。

利根川水系だと利根川本川とそれに合流する河川(渡良瀬川など)が属するのはわかりやすい。

利根川から分岐して下流側に来る江戸川も利根川水系というのもまぁわかる。

ただ、中川はそれ自身が海に流れ込むにもかかわらず、新中川(中川放水路)が旧江戸川に合流するということで利根川水系になる。

すなわち利根川と中川の関係はお互いに分流の分流の上流の上流と言う位置づけになる。

これ、新中川でつながってなかったら中川水系という独立した一級水系(複数の都道府県にまたがる場合は通常そうなる)になってたのかね?

現状の中川は江戸川と一体的に治水対策が行われているわけですが。(歴史的に旧利根川を含むというのもあるんだろうけど)


Author : hidemaro
Date : 2017/10/29(Sun) 19:45
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools