日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

寄付金ですき焼きをする

近畿各地で台風による被害が起きているようで、大変心配している。

村が壊滅というほどの被害は出ていないが、あわや大惨事という地域は多かったようで、とても怖い夜を過ごしたのだろうと察するところ。

土砂災害や洪水被害で鉄道・道路にも影響が出ているようで、一部は復旧まで長期を要しそうとのこと。


金曜日、帰ってきてポストを見るとヤマト運輸から不在連絡票が入っていた。

宅配ロッカーがあるので、不在連絡票が入るとすれば、だいたいは郵便局(書留郵便)なのだが、ヤマト運輸とは珍しい。

それで差出人を見ると「○○精肉店」とある。肉? と一瞬考えてしまったが、この前の寄付の分か。

そう、宅配ロッカーを使わず、持ち帰りにされたのは、クール宅急便(冷蔵)だったからだ。


9月にかつて住んでいた市に寄付をした。いわゆる ふるさと納税である。

インターネットでの寄付金の受付は「ふるさとチョイス」でできるとある。

かなりの市町村・都道府県がここで申込みができるよう。

ここで申込みをすると、そのままYahoo!公金支払いで納付手続ができるよう。

納付書を送ってもらって、市の指定金融機関で支払うこともできるんだけどね。


このYahoo!公金支払いがびっくり仰天だった。

というのも支払いの一部にTポイント、しかも期間固定ポイントを充てることができたから。

ちょうどこのときキャンペーンで期間固定ポイントがたくさんあったので使ったんだけど。

残りはクレジットカードで支払った。

いずれも手数料はこちらの負担にはならない。寄付金を受け取る市の負担だろう。

便利ではあるんだけど、役所への支払いがこんなんでいいの? とは思った。

ともあれ、これで寄付の手続きは完了、それから1ヶ月後に受領書が届いた。

年が明けたら、これを使って還付申告の手続きをすれば、所得税・住民税に反映される。


寄付の手続きとしてはこれで完結しているが、手続きのときに返礼品として肉をくれと書いた。

寄付の金額に応じて、一覧にある返礼品を希望できるようになっている。

市町村・都道府県にもよるが、ここはわりと充実してる方じゃないのかなぁ。

市内で生産された農作物を中心にそろえている。

長く住んでいたから、ああこれはこの地域のとかだいたい想像できるんだが。


その中で肉を選んだのは、うまいすき焼きを食べたかったから。

一人暮らししてからすき焼きを2度作ったんだが、いずれも肉をケチったせいで残念なことになっている。

ちゃんとした肉を買えば良いのだが、なかなかそんな気も起きず。

それで寄付金で肉をもらってすき焼きを作ろうと考えたのだ。

けっこうな量の肉を送ってくれた。仕入れ値いくらなんだろ。1回で使い切れる量ではないので、残りは別の料理に使うけど。

やっぱり肉が肝心でしたね。おいしいすき焼きが作れたかなと。


寄付したのは僕の出身地だから、文字通りのふるさと納税だ。

現在、下水道整備というとてもお金のかかる事業を行っている。まだ十年以上はかかる大事業だ。

ニュータウン開発で人口が増えたにもかかわらず、下水道整備を後回しにし続けてきていたが、

もう50歳を迎えた住宅団地も出てくる状況で、大型浄化槽の維持管理にも手を焼いているようだ。

ニュータウンで50歳というのは1つの大きな節目だと思っていて、というのも建て替えが始まり、住民も入れ替わる時期だからだ。

次の50年が見える住宅団地ばかりではないと思うが、新たな転入者も少なくないわけで、わりと次の50年も見えるのでは? と思っている。

ただ、下水道が流せないでは困るわけで、ちゃんと汚水処理場を立ち上げて、管路の再構築をしていかないと次の50年はない。

別に下水道整備に使えとは指定していないけど、間接的でにも役に立てばと思っている。

これがこの寄付に対する、僕の思いである。


そこそこまとまった金額だったし、長く住んでいた市から恩返しをもらってもよいだろうということで、肉をもらったが、

必ずしもそこにはこだわらず、市町村・都道府県への寄付を考えて行けたらなとは思っている。

どうせ赤十字社への寄付があるから、還付申告には行かないとならないわけだし。


Author : hidemaro
Date : 2017/10/23(Mon) 23:48
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools