日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

ICOCAエリアはひとつに

半年前ぐらいに、福井県へのICOCA導入のことを書いた。

北陸と近畿圏の間が埋まる

ICOCA北陸エリアと近畿圏エリアがつながるので、一体どうなるのかな? ということを予想した。

僕の予想はこれだった。

北陸エリアの一部(例えば、金沢より京都側)に限って近畿圏エリアとの利用を可能にする

そしたら、予想外の発表があった。


ICOCAのご利用エリアが大きく広がります! (JR西日本)

確かに近畿圏エリアと北陸エリアがつながるとは思ってたんだけど、

それどころか岡山・広島・山陰・香川エリアも一体化されるのだという。

兵庫県・岡山県境の山陽本線・赤穂線で未導入の駅にも新規にICOCAを導入するんだと。

一体化後は各エリアの区分はなくなる。それどころか岡山・広島・山陰・香川エリアを4分している地区も廃止される。


現在のICOCAが利用できる区間は以下の通りである。

  1. 近畿圏エリア相互
  2. 北陸エリア(石川県・富山県内)相互
  3. 岡山・福山地区、広島地区、香川地区、松江・米子・伯備地区は地区内相互または隣接地区との利用

3が特徴的で、岡山・広島・山陰・香川エリアは際限なく使えるわけではなく、広島~高松などは対象外になっている。

現在3つのエリアに分かれているのが統合されたからといって、金沢~広島とか言う利用ができるようになるわけではない。

ただ、新しい利用区間の制限はこれまでの制限とは違う部分がある。


2018年春以降のICOCAが利用できる区間は以下の通りになる京終

  1. JRのみの場合は200km以内の区間
  2. あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道を含む場合は、石川県・富山県内相互
  3. 大阪近郊区間相互(200km超)
  4. 在来線特急停車駅相互(200km超)
  5. 大阪近郊区間と在来線特急停車駅の間(200km超)

これまで岡山・広島・山陰・香川エリアは隣接地区までと言っていたが、2018年春以降は200kmで切られる。

岡山・広島・山陰・香川エリアはこれまでよりも利用できるエリアは狭まるケースが多そうだが、200kmも使えれば実用上の問題は小さそう。

一部、エリアが広がるところも想定されるが、まれだろう。


ただし、これには例外がある。

2は、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道を含む場合は今までの北陸エリア内でしか使えないよということ。

福井~富山も200km以内だが対象外となる。今まで使えるエリアは今後も使えるし、福井~金沢などJRだけの区間は200kmまではOKだ。

3は従来の近畿圏エリア相互は200km超になってもほぼこれまでどおり使えますよってこと。

具体的には長浜~姫路(206km)などが該当する。大阪近郊区間=近畿圏エリアではないが、ほとんどは一致する。

4は在来線特急停車駅相互ならば200km制限とは無関係に使えますよということ。

具体的には京都・新大阪~新宮、岡山~米子・松江・出雲、大阪・京都~福井・金沢が該当する。

これまで特急券チケットレスとの組み合わせに便利な区間にICOCAの導入を進めてきた。

特急ならば200km以上の利用も普通に想定されるので、それはOKですよということ。


5が条件としては特殊なんだけど、大阪近郊区間は特急停車駅じゃなくてもいいよってこと。

4の条件だけだと、鶴橋~大阪~金沢のような利用も対象外になってしまう。だけどこの条件があることで対象になる。

現在の近畿圏エリアのうち3には含まれない きのくに線(白浜・新宮方面) についても、この条件があれば、ほとんどこれまでどおり使える。

ただ、大阪近郊区間以外は特急停車駅から外れると即アウトになるんかな。

京都~金沢(225km)は特急停車駅相互だから対象だけど、京都~野々市(219km)は野々市が特急停車駅ではないから対象外?

北陸・山陰・紀南方面は特急停車駅の利用が圧倒的に多いだろうから、あまり問題はないと思うんだけどね。


これによりICOCAエリアは、富山県から山口県まで15府県にもまたがる日本最大のICカード利用エリアになる。

(山口県で含まれるのは岩国市付近のわずかな区間だけだが)

端から端まで使えるようになるわけではないが、エリア内に切れ目は全くない。

これは画期的なことだ。


なお、2018年夏は、これとは別に草津線の貴生川~柘植、和歌山線の高田~五条へのICOCA導入が決定している。

あと、2019年春には境線(米子~境港)へのICOCA導入も同日発表されている。(車載式の改札機を導入するらしい)

それに続くICOCAエリアの拡大ってなると、こんなところでしょうか。

  1. 智頭急行・因美線 上郡~鳥取(スーパーはくと号)
  2. 山陰本線 米子~鳥取
  3. 山陰本線 園部~城崎温泉、福知山線 篠山口~福知山  (きのさき号. こうのとり号)
  4. 舞鶴線 綾部~東舞鶴 (まいづる号)
  5. 七尾線 津幡~和倉温泉
  6. 津山線 法界院~津山, 宇野線 茶屋町~宇野

1は近畿圏エリアと岡山・広島・山陰・香川エリアがつながるのが課題だと思っていたが、すでに実現してしまった。

ならば1と2を同時に実現すると、鳥取では京阪神方面も米子・松江方面もICOCAが使えるようになるので便利だろうと。

3と4は北近畿方面の特急チケットレス対応のためにあるんじゃないかなぁと。特急停車駅のみでもメリットはありそう。

5は金沢都市圏にありながらICOCA未導入の七尾線はどうかなって話。

6は岡山~津山の都市間を結ぶこと、岡山都市圏内の未導入区間を埋められるということで、いいんじゃないかなと。

実現するかは知らないけど、それぞれメリットがあるのではないかなと。


Author : Hidemaro
Date : 2017/10/18(Wed) 22:54
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools