日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

更新カードが届くほど使ったPiTaPa

宅配ボックスがあるにしては珍しく不在連絡票が入っていた。

見てみると差出人が「スルッとKANSAI」と書かれている。

これを見て理由がわかったが、PiTaPaの更新カードを送ってきたんだね。

物が物なので、宅配ボックスに入れるわけにもいかなかったようだ。


開けて見ると、予想通りPiTaPaカードが入っていた。

KIPS PiTaPaなのでKIPSマークが入っている。

2011年にKIPSのロゴが赤色から緑色のものに変わったので、以前とは違うものになってたが。

それ以外にも大きな見た目の差がある。

これまで使っていたPiTaPaには一時期使っていた定期券の印字が残っていた。

特に申し出れば消してもらえることは知っていたのだが、別に消す必要もないので意味も無く残り続けていた。

当然、更新カードはまっさら。消してもらわなかったのはどうせ更新すれば消えるからという理由もあった。


さて、届いたPiTaPaだが、有効な定期券が搭載されていなければ即裁断でOKだ。

普通のクレジットカードならそれでいいのは分かるけど、ICカードでそれやって大丈夫なの? と思われた方もいるかもしれない。

というのも、たいていのプリペイド機能搭載のICカードは裁断する前に手続きが必要なことが多い。

カード更新・切り替え時のSuica情報の移し替え・残額の払い戻しなどのお手続き (ビューカード)

クレジットカード有効期限更新時にPASMOの手続きは必要ですか? (東京メトロ)

新しいカードが届いたのですが、以前使っていたカードのWAON残高やWAONポイントはどうなるのでしょうか? (イオン銀行)

WAON付きのイオンカードについては、僕も磁気不良で再発行したときにはハサミを入れる前にWAONステーションに行っている。

PiTaPaは本来ポストペイなので、残高0円のままなのが本来だし、僕はポストペイエリアしか使っていないので残高0円でやっている。

ただ、ICOCAエリアの利用のためなどにプリペイド残高がある利用者も多いはず。でも、即裁断でもOKなのだ。

理由は、有効期限切れになった時点での残高は自動的に銀行口座に振り込まれる(実際は請求額をマイナスにする処理をする)から。

ただし、定期券についてはその限りではなくて、更新カードへの移し替え手続きが必要なのだけど。


更新カードが届くってことは、KIPSカードを作って5年が経ったということ。

引っ越してしまった今となっては出番はあまり多くない。が、全くないわけではない。

今は近鉄などでもSuicaを持っていけば使えるけど、関東圏を離れるとオートチャージが効かないという問題がある。

PiTaPaを使えば、残高は気にしなくてよくて、多少なりとも割引がある。

そのためだけにPiTaPaを作るかと言われると疑問だが、持っていて使い続ける価値は大いにある。


本当は全国の多くの鉄道・バス事業者がPiTaPa対応しているのが望ましいと思っている。

残高を気にせず、全国どこでも旅できる。これが本来目指すべきところだ。

確かにICカードの相互利用も進んで、1枚のカードで移動できる範囲も増えた。

関東圏であれば、Suicaオートチャージが飛ぶので残高は気にしなくてよいが、他の地域ではその限りではない。

PiTaPaは1ヶ月単位で積算して、そこに後日、割引サービスを適用した上で請求する仕組みなので、とてもフレキシブルだ。

プリペイドとの併用は普通に行われているので、ポストペイかプリペイドかという話ではない。どっちもあったほうがよいのだ。

そんなこと言ったところで、歴史的経緯で近畿圏に偏ってる状況はそうそう変わりませんがね。

四国で相互利用対象外のプリペイドICカードがあるところに入り込めないかなぁと期待してるんだけどね。


Author : hidemaro
Date : 2017/08/25(Fri) 22:21
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools