日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

雨が降ってないというデータが取れる

東京での雨の観測日数が連続18日ということがニュースになっている。

東京に限らず、東日本は天候不順が続いており、農作物への影響も出るだろうとのこと。

水不足を回避出来たのはよかったんだけど、今度は日照不足という問題が出てきているようだ。

西日本ではここまで極端ではないようだけど。


ところで、東京都には23のアメダス観測地点がある。

アメダス/東京都 (気象庁)

本州に10地点、島しょ部に13地点、さすがに島しょ部は多いな。

このうち、有人の観測地点は東京、父島、南鳥島の3箇所となっている。

ちなみに東京の観測点は北の丸公園にある。

基本的には有人観測地点は府県ごとに1箇所まで集約されているのだが、遠く離れた離島はその限りではない。

かつては有人観測地点も多くて、大島、三宅島、八丈島ももとは有人観測地点だったようだ。

現在は無人化され、特別地域気象観測所という扱いで、他のアメダス観測点よりも観測内容が充実している。


観測点によって観測内容に差はあるものの、降水量というのは防災上も非常に重要なものだから、

ほとんどの観測点で観測が行われている。むしろ降水量だけの観測点もけっこうある。

ところが観測点によって降水量のデータの表記法に差がある。

過去の気象データ検索 (気象庁)

これで東京と八王子の2つの観測点で、2017年7月の日ごとのデータを見てみる。

すると、東京では降水量が「--」となっている日がある。一方、八王子では降水量が「—」というのはない。

この「--」というのは雨が全く降らなかったという意味で、

「0.0」というのは降ったには降ったが0.5mmには満たないということを表している。

ところが八王子ではこの2つの区別がなく、どちらも「0.0」という表記になる。


すなわち、東京が18日連続雨というのは、降水量が「--」となる日が18日間ないということを言っているわけ。

そして、その区別が付かない観測点では、雨が降ったか降ってないかを表すデータがない。

すなわち「八王子が○日連続雨」とかそういうをアメダスのデータを元に言うことはできないわけだ。

東京都では、有人観測地点である東京、父島、南鳥島と、元有人観測地点の大島、三宅島、八丈島の5箇所が降水量「--」が発生しうる観測地点となっている。


有人観測地点またはそれに準じる地点にしかないデータというのはけっこうあって、

その1つが天気、快晴・晴・曇・雨・雪・ひょう というのは基本的に有人観測でしか得られない。

実際には特別地域気象観測所でも天気のデータがあるのだが、

どうも日照時間とかのデータから間接的に作っているようで、有人観測地点とは少し違うよう。

そういうのと比べると、降水の有無というのは 感雨器 という装置だけで観測できるので、

無人でも用意しておけば確実に測定できるものではあるのだが、実情として観測できる地点はかなり限られている。


連日雨だって言っても、1mmにも満たない雨だと、降ってるのか降ってないのかわかりにくい。

だから、それ自体はそこまで気にかけることはないのかなとは思う。

ただ、日照不足が深刻であるというのは全くその通りだろうと思う。

東京では8月の日照時間の平年値は169時間、1日あたり5.5時間となる。

それに対して、今年8月は18日時点で33時間、すなわち1日あたり1.8時間しかないわけだ。

他の東日本の観測点でも同様の傾向ということで、心配されているというわけ。確かにこりゃ心配だ。

なお、大阪が18日時点で103時間、8月平年値の217時間に比べるとやや少ないが、極端に少ないとも言えないようだ。


Author : hidemaro
Date : 2017/08/18(Fri) 23:55
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools