日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

ダメになったPontaカード

僕のPontaカードがボロいことは前々から気づいてたんだけど、

この前、ローソンで買い物しようとしたらとうとうバーコードが読めなくなっていることに気づいた。

バーコードの一部が禿げて、読めなくなっちゃったと。

こういう場合、手打ちで対応できるのだが、手で打とうにも数字が読みにくくなっていて、店員も困惑するという。


というわけで、さすがにこれは再発行かなということで調べた。

そしたら、なんと自動音声応答で再発行手続きが済むのだという。

そんなにカジュアルに再発行できちゃうのと驚いた。

というわけで、公衆電話からカスタマーセンターに電話をかけた。(フリーダイヤルは携帯電話非対応だから)

そして順番にポチポチすると、再発行手続きが完了したので、登録の住所に送るとなった。


Pontaカードは再発行手続きをした途端に旧カードは使えなくなる。

というのも番号が変わってしまうから。

再発行で会員番号が変わるというのも珍しいと思うんだけど、Pontaはそうなんだって。

じゃあ、再発行完了まではどうやってもPonta使えないってこと?

手続きの最後で新しい番号言ってくれたけど、それを店員に言って使うの? それは怪しまれないかね。


ただ、代替策はあって、それがPontaアプリでスマートフォンにバーコードを表示する方法。

結局はバーコードなんでそれでいいんだよね。

それなら再発行しなくてもよかったじゃないかとも思ったが、いちいち立ち上げるのもめんどくさいし。

プラスチックカード持ち歩くのとどっちが楽なのかという話でもあるのだが。


確か、このPontaカードは2010年のPontaスタートの頃にローソンで作ったんだったかな。

作った店により絵柄が違って、ローソンで作るとローソンの制服を着たタヌキが書かれたカードが発行される。再発行でもそうなってた。

この頃から使い続けてるカードって財布での保管状況がかなり悪くて、印字が禿げたものがいくつかある。

有効期限のないキャッシュカードは変わりようがないから、特にゆうちょ銀行のカードはかなり禿げている。

幸い口座番号と名前ははっきり読めるのでPontaに比べればはるかにマシだし、実用上の問題はないのだが。


これまで、ファミマTカードとイオンカードを磁気不良のため再発行している。

どっちもコールセンターで申し出て再発行したが、クレジットカードの再発行なので本人確認のめんどくさいこと。

それに比べればあまりにあっさりと再発行できてしまったという印象。

ただ、カードの現物を見ずに再発行するのはどれも一緒ですからね。

プラスチックカードが使えなくなるということについてはあまり疑わないようだ。


ちなみにPontaポイントはリクルートポイントと統合されている。

ローソンで買い物したときのレシートを見ると、すごいポイント数になってることがあるんだけど、

じゃらん で宿泊予約したポイントが反映されると、統合されているPontaでも見えるんだよね。

まとまったポイントが貯まるのも じゃらん だが、逆にまとまったポイントを使うのも じゃらん なんだけどね。

TポイントもYahoo!ショッピングで貯めたのがファミリーマートで見えるからそれと一緒なんだけど、

実店舗ではPontaポイント、Web上ではリクルートポイントと呼び名が違うので、なおさら驚くんだよね。もう慣れたけど。


Author : hidemaro
Date : 2017/08/07(Mon) 22:09
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools