日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

映画館を使うにも限界がある

ライブビューイングということを話題にするときに、この感想を引用することが多いんだけど。

なかなか万能とはいかないものの、会場まで足を運べない、足を運ぼうとしてもチケットが手に入らない人にとっては朗報であるのは確かで、

キャパシティや立地といった物理的な限界を超える1つの方法ではあるのかな、と思った。

(映画館はライブビューイングもやる)

こうは書いたんだけど、やっぱり物理的な限界ってのはあるらしいという話。


どういうことかというと、アイドルマスター シンデレラガールズ5thライブツアーの埼玉公演の話なんですけどね。

宮城・石川・大阪・静岡・千葉・福岡(北九州)と来て、最後の会場ですね。

これまでの公演の総まとめという意味合いがあるのは明らかで、この会場だけ2日間の出演者が変わる。

1公演での出演者が30人・31人(しかも被りなし)と多すぎるんですよね。

これだけ多いとできることも多いが、できないことも多くて、その出来ないことってのはこれまでの6会場でやるという話ですね。


埼玉の会場はさいたまスーパーアリーナ、2万人以上は入るだろうという会場なのだが、それでもアブレ続出だったようで。

というか自分もあぶれた人の1人だから。一応、このツアーでは最寄りの会場なんですがね。

他の公演が2日とも出演者一緒でどっちかの公演を見ればよいような気もするが、ここだけは出演者が2日とも違うから、そう考えると実は厳しいと。

そういうこともあってライブビューイングを実施しますという話になったのだが、まず驚いたのが上映館の多さ。

このツアーのこれまでの公演では、東京都の上映館は7館(うち多摩地域で1館)ぐらいだった。

この時点ですごく多いんだけど、埼玉公演については東京都で16館(のちに+1館)、このうち多摩地域で3館という異様な多さだった。

さらにおかしいのは、昨日の発売初日のうちにこの全てが売り切れるという有様。

東京都以外でも神奈川県・千葉県・埼玉県もかなりの上映館用意してたのに全部売り切れちゃったらしい。


どういうこっちゃという話だが、兆候は先日の千葉(幕張)公演の頃から見え始めていた。

当初予定していた上映館だけでは収まりきらないということで、かなり多くの上映館の追加して乗り切ったような形だったのだが。

見たいという人が多かったからなのかというと、どうもそれだけではないらしい。

というのも、今までの公演よりも小さなスクリーンを使う上映館が増えていたようで、同じ数の上映館としても座席数が減ってる可能性があると。

僕は実感ないんだけど、どうもインターネット上の証言からすると、そうらしい。

その要因として考えられるのは夏だからという話。


夏休みめがけて新作映画が多数投入され、映画館に訪れる人も増える。そうなれば、その需要に応えるのが第一義だろう。

というわけで大きなスクリーンを人気のある作品に割り当て……とやっていると、ライブビューイングにあてるスクリーンの座席数が減ると。

逆に言えば、今までは大きなスクリーンを割りあてる余力があったんだよね。

いろいろあってアイマスゆかりの映画館になってる東京・新宿のバルト9なんてライブビューイングのために複数スクリーン使うのも珍しくないとか。

だから今まで1つの上映館で確保できた座席数が、1館では確保できず、需要に応えようとすると2館必要になり……と。

けどそれだって限度はあるよね。そもそもスクリーンに余裕がなければ映画館にとっても引き受けようがないわけだし。

都心だけではどうにもならず、近隣都市・郊外にも手を広げ……と苦心した跡が見える。

多摩地域で3館もあるのはそのせいでしょうね。特に多摩ニュータウンに2館とか、ローカルな需要のためではないでしょうし。


特に深刻なのは関東地方南部で、その巻き添えで2日目は関東地方が全部売り切れってどういうこっちゃ。

かくいう自分もけっこう危なくて、1日目こそ多摩地域内で確保できたんだが、2日目はどこもないぞと困って掘ったら横浜であって、助かったと。

これも無理だと宇都宮に行く? という話にもなりかねなかったので。埼玉よりはるかに遠い。

他の大都市圏でも愛知県周辺の上映館も2日目はかなり埋まっており、名古屋に近いほど厳しい。

近畿圏は大阪都心の4館は速攻で売り切れている。まだ尼崎など近隣都市に行けばなんとかなる状況だが。(上映館を稼ぐ作戦が功を奏したか)


全国規模で見ればまだ余力あるでしょ、と言われればそうかもしれないが、衛星中継のためにそんなに遠出する? という話だ。

ただ、映画にしてもそうだけど、近所に上映館がなければ、そのために都市部に出かけるかってのはあるわけで、

その逆で、スクリーンが埋まって仕方ないから、遠出するというのも1つの答えなのかもしれないけどね。

いずれにしてもけっこう狂った話だけどね。

多くのプロデューサー(=ゲームのプレイヤー)の期待に応えようということで、ライブビューイングをやってるのに、

それすらも地域によっては限界に達するというのは異常なことだと思いますがね。


なお、この埼玉公演に限っては、日本以外でも韓国(ソウル)、台湾(台北・高雄)、香港でもライブビューイングがあるようで。

一応、シンデレラガールズのアニメは外国でも同時配信されてましたので。

日本語で歌ってしゃべってるのを字幕もなしに上映するということでハードルは高いが、

それでも香港では人気につき上映館を追加なんて話が流れてくるぐらい。これを見て何事と思ったが。本当に?


Author : hidemaro
Date : 2017/07/23(Sun) 23:51
文化 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools