日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

大阪発の京都行き

昨晩は大阪のカプセルホテルに泊まって、今日は京都に出かけていた。

大阪から京都に行くって言うんだから、まずは嵐山を目指してみた。

阪急に乗れば嵐山に行くのは簡単だからね。


今日の京都は快晴で、夏のような日差しが降りそそぐが、風は少し涼しい。

夏真っ盛りの京都は過酷だが、これぐらいなら。

人もそこまで多くはなくて、天気さえよければいい時期なのかも。一般的には梅雨時なんですけどね。

嵐山というのは久々に来た気がする。

近鉄から行く場合はちょっと行きにくい気がして。JRで行けばいいんだけど、東山方面、洛北方面が行きやすい反動かな。


嵐山駅で降りて、渡月橋を渡って、ひたすら北進する。そしてたどりついたのが大覚寺。

さらっと書いてるけど、阪急から歩いて行くと2.5kmほどある。

バスないの? って思ったんだけど、あるけど、本数が少なめなんだよね。

ちょうどいい時間にバスもなかったから、散歩がてら歩いて行ったのだった。


大覚寺というのはもともと嵯峨御所ということで、天皇の住まいだったところを寺にしたものだ。

玄関の前には生け花が展示されていた。

というのも嵯峨御所はいけばなの流派の1つ「嵯峨御流」の発祥の地だそうで。

3分でわかる嵯峨御流 (いけばな嵯峨御流)

嵯峨天皇が菊を生けたことがルーツなんだと。そういうことをアピールしたかったと。


もともと天皇の住まいだったということで、うぐいす張りになってるところの多いこと。

歩くとキーキー鳴るので、これはうぐいす張りなのかボロいのか、と思ったら説明書きにうぐいす張りって書いてあったからそうなんだそうで。

障子絵なんかもえらく豪華である。いいとこ住んでたんだなぁ。

あとなによりもすばらしいのが大沢池、これは人工の池で、こういうものを人工的に作ったのは日本で初めてだったんだとか。

人工的に作ったっていうけどすごい大きいからね。とてもよい眺め。


その後、岡崎公園に向かうためにJRに、二条駅で東西線に乗り換えて向かった。

岡崎公園にやってきたのは京都国立近代美術館のコレクション展を見るため。

大学院にいたときにはキャンパスメンバーで見られたから何度か来たんだけど、それ以来だから久々。

コレクション展だが、置いてある品がバラエティ豊かすぎて、すさまじく感性の刺激される展示だった。

京都という土地柄なのかな。東京国立近代美術館の展示とはだいぶやり方が違う気がするな。

時々は来たいね。それは中之島の国立国際美術館もそうだけど。


そこから京都駅に向かって新幹線で帰るわけだけど、今回はこだま号のグリーン車である。

こだま☆楽旅IC早特

往路はIC早特21で取ったんだけど、復路は出遅れて、どうすっかなーって思ったらこれが安かったのでこだま号にした。

別にグリーン車じゃなくても……と思ったんだけど、こだま号のグリーン車って本当にガラガラで、その有効活用としてはいい商品なんだろう。

普通車指定席は意外と混むって話も聞くんだよね。乗り継ぎで指定を取る人もいるから。

こだま号は自由席が多いからそれだけなら指定を取る必要性は低いんだけど、乗り継ぎだとね。

グリーン車なんて初めてだったけど、雰囲気はいい。ガラ空きなのもあって静かではある。

けど、これ定価だと高いのよね。特定の条件では普通車指定席と大差ないというのもあるけど、それはごく稀な話である。

そんなわけで京都から東京まで3時間40分ほど、ほんの少しゆっくりと帰ったのだった。十分速いけどね。


Author : hidemaro
Date : 2017/06/10(Sat) 23:46
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools