日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

ポストにポンで申告終わり

金曜に源泉徴収票を入手した話を書いた。

源泉徴収票はすでに配布されていた

これで早速、還付申告をやってきた。


まずは国税庁のWebサイトで申告書を作るところから始まる。

確定申告書等作成コーナー

ここに順次打ち込んでいくと申告書のデータが完成する。

これで申告書を作るのは2度目である。2012年に報酬の源泉徴収を取り返すために使っている。(cf. e-Taxで申告書を作った話)

あのときは雑所得、今度は寄付金控除と打ち込む内容は違うが、それぐらいだと思っていた。

ところがもう1つ違う点があった。それがマイナンバーを打ち込む必要があったことである。

そのせいで通知カードと本人確認書類(健康保険証にした)のコピーを添付する必要が生じるのだ。

税務署にマイナンバーを呈示するにも、本人確認書類がいるんだそうで。


所得税で寄付金控除を申告すると、それで住民税の寄付金控除の申告も同時にできる。

ただし、そのためには自分の寄付金が住民税の控除対象になるかどうかは事前に調べておく必要がある。

今回の日本赤十字社への寄付は東京都と市が指定した寄付金なので、「都道府県・市町村の両方が指定した寄付金」を選んで登録する。

すると申告書の「住民税に関する事項」に反映されるわけだ。

市町村も住民税の申告というのをやっているが、これは所得税の申告対象じゃない人を対象としているので、

所得税の申告を行う場合は、それで住民税の申告に足りるだけの情報も書くことになっている。


ここまでできたら、申告書(2枚)と台紙を印刷して、申告書には印鑑を押して、

台紙に源泉徴収票とマイナンバーの通知カード・本人確認書類のコピーを貼り付け、寄付金の領収書も付けて、完成である。

あとはこれを税務署に持っていくだけなので、早速、今日、税務署に持って行ってきた。

比較的近くに税務署があるので、直接持参してきたのだ。

税務署には「時間外文書収受箱」が置かれている。ようはポストですね。

ここに申告書一式を入れれば、それで提出できるってわけ。

確定申告コーナーとか行っても、ポストに投げ込むという点では差がないので、近くに税務署があるならこれがいいですね。

もちろん郵送でもいいんだけど、散歩がてらいけるところなので、それなら直接持っていくわという話である。


あとは所得税の還付金が戻ってくるのと、住民税の税額決定通知書に寄付金控除が反映されてるのを待つだけである。

なお、典型的なサラリーマンは確定申告を行う必要はないが、還付がある場合は所得税の申告を任意にすることができる。

この申告を還付申告といい、確定申告とは区別される。といっても使う書類は全く一緒なんだけどね。

なにが違うかというとその期間で、確定申告は翌年2月15日~3月15日に必ず行う必要がある。

一方で還付申告は翌年1月1日から5年間に行えばよいということで、確定申告より先取りできるというのがポイントである。

税務署としては還付申告の人は確定申告の人が来る以前の早い時期に行うことを推奨している。そっちのほうが空いてるから。

なんで確定申告はスタートの時期を厳密に決めてるのか?

それは確定申告は税金の納付が発生するケースがあるからだろうね。期日より前に税金は納められないから。


今回も2012年分申告時もWebで紙の申告書を作って、これを印刷して持参するという方法でやっている。

一方でインターネットで申告を行うシステムもある。e-Taxって言ってるやつだ。

電子証明書付きの住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードと対応したICカードリーダーがあれば使える。

実は、この家にあるPaSoRiは対応しているので、あとは電子証明書さえあれば使えたのだ。

住民基本台帳カードのときは電子証明書は3年有効の証明書を作るのに500円とかかかったからめんどくさかった。

ところがマイナンバーカードは電子証明書が無料で付いてきて、5年間有効となっている。(その先はどうなるか不明)

というわけでe-Taxも使いやすくなったはずなのだが、僕は住民基本台帳カードしか持ってないし、電子証明書もないから使えない。


では、今回の申告でe-Taxのメリットはあったのか?

実はe-Taxを使ったとしても添付書類を紙で提出する必要がある。ところが主なものは省略できるとも決められている。

e-Taxを利用して所得税の確定申告書を提出する場合の「源泉徴収票」や「医療費の領収書」などの第三者作成書類の添付省略の制度について教えてください。 (e-Tax)

ここに源泉徴収票と寄付金控除の証明書が入っているので省略可能なようですね。(その他、医療費の領収書、保険料控除の領収書もある)

だから今回の申告は完全にペーパーレス化できたということで、e-Taxのメリットはそれなりにあったと。

ただ、一方で紙の申告書を作っても、プリンタで打ち出して、時間外文書収受箱に投げ込むだけなら大した手間でもないんだよね。

こんなこと思うのは税務署近いからかな? そりゃ印刷して封筒に入れて持参というのも見えないコストはかかってるんだけどさ。


Author : hidemaro
Date : 2017/01/29(Sun) 21:52
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools