日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

なぜCATVはまだ来ない

さかのぼること7ヶ月前のこと、CATV会社が工事に来たのだが、

宅内配線の劣化のため、工事に来た業者が引き返して行ってしまった。

CATVの工事に来たが……

大家と調整して、宅内配線を改修してから改めて工事に来るということになっていたのだが、

それからずっと連絡がない状況だった。


忘れてないかと思い、CATV会社に連絡したところ、こういう返答が得られた。

  • 劣化した宅内配線に代わり、外から線を引き通すという改修案を示したものの、大家から了承が得られなかった
  • とりあえず必要な部屋に限って個別に外から線を引き込んで対応しようとしたが、景観面から了承が得られなかった
  • 現状は景観面から問題が無いように変更して改めて了承を得ようとしているところ

なにもやってなかったわけではなかったらしい。

壁に埋め込まれた配線を引き直すのは大変だから、外から引いて解決しようとしてたんだな。

アパートで戸別に線を引き込んでCATVを使う場合もあるって聞くから、その例によってやろうとしていたと。

その一方で解決のめどが立っているわけでもないようだ。


この調子だと3月までのCATVインターネットの確保が実現できるかは微妙なところだな。

無理なら現状のフレッツ光を継続または転用(BB.excite光に移行)すればよいので、それはそれで仕方ないかなと思うんだけど、

問題はBS・CSが見られない状況がずっと続いているということ。

無料放送に限っても全く見れないというのは時々困るんだよなぁ。

そんなわけで「インターネットができないのは仕方ないが、テレビのセットアップボックスだけでも先行しておいてくれないか」と提案した。

「技術的に問題は無いので、調整して先行対応したい」と前向きな返答が得られた。

もともと宅内配線の劣化が問題になるのはインターネット・VOBに使う帯域だけのことなので、テレビだけなら問題ないわけだし。


大家が協力的ではないというのは困った話だ。

ただ、大家もこういうことは予想してなかったんじゃないのかなぁ。

CATV会社の営業が「インターネットが無料で付くのは入居者に喜ばれますよ」とか言って売り込んだんだろうけど、

宅内配線がその目玉であるインターネットに対応できないというのは想定外だよな。

テレビのアンテナ代わりにCATVに契約してたつもりが、厄介ごとに巻き込まれてしまったという考えがあっても不思議ではない。

入居者としては待たされるだけだし、CATV会社は入居者の味方になってくれるからいいんだけどさ。


Author : hidemaro
Date : 2016/12/01(Thu) 21:56
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools