日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

くっつけた選挙区、ポスターが多すぎる選挙区

そろそろ参議院議員選挙だそうで、ポスター掲示板ができてきている。

てっきり市議会議員の選挙かと思ったが……


ところで今回の参議院議員選挙から2つの県で1つの選挙区というのが新しくできる。

鳥取県・島根県と徳島県・高知県の2つの選挙区がこれにあてはまる。

鳥取県と島根県の人口の少なさはよく知られているが、一方でこの2県はつながりが深いことも知られている。

人口の少なさと繋がりの深さを考慮して、民放は鳥取県+島根県で1つの放送区域になっているのもユニークだ。NHKだけは県域なんだけど。


鳥取県・島根県の選挙区が合併することはうすうす感づいてたんだろうなと思うけど、

徳島県・高知県の選挙区が一緒になるというのは、初めて聞いたとき「えっ」と思った。

ただ、徳島県・高知県の人口の少なさも相当なもので、衆議院議員選挙の小選挙区の一票の格差ではこのあたりが話題になることもある。

ちょうど隣接しているし合併してしまえばよいと考えたのだろうが、残念ながらあまり往来が多いとは言えない地域だ。

ニュースでも高知県側では相当な戸惑いがあることが取り上げられていた。

というのも今回の参議院議員選挙での立候補予定者は徳島県を拠点としている人ばかりだそうで。

なにかと距離感を感じるのも無理はない。


以上の選挙区見直しが行われた背景には、毎度毎度、参議院議員選挙をするたびに裁判所に違憲だとかいわれてきたことがある。

この対策をすると5倍の格差が3倍の格差ぐらいになるそうで。

それでも3倍って相当だけど、参議院議員の性質を考えると選挙区選出でこれ以上の対策をするのはなかなか難しい。

参議院議員って任期6年だけど、半分ずつ交互に改選するということで3年おきに選挙を行っている。

なおかつ、比例代表で選ぶ議員の割合も衆議院に比べると多い。全国から票を集めて議員を選ぶというのは旧全国区制を踏襲している部分もある。

その結果、1回の選挙で選挙区で選出する議員は73人しかいない。この少なさがゆえに何もかも厳しい。

とりあえず現実的に取り得る対策はしたから、これで勘弁してよって主張なんでしょうね。同情できる部分はある。


一方で、人口の多い都道府県では改選数2以上ということで大選挙区制となる。

小選挙区制と大選挙区制では選挙の戦略が大きく異なる。

改選数1の選挙区はどこの政党が議席を取るか、なかなか読みにくい面もあるのだが、

改選数2の選挙区だと2つの大きな政党が取るんだろうという予測がしやすい。


その中でも東京都選挙区というのは戦略的にはかなり特異な選挙区だと言える。なにしろ改選数6議席である。

小選挙区制だと2人の候補者の争いに入れないなら立候補する意味は無いし、

改選数3でも3人目までに入れる政党というのはけっこう限られる。

けど、東京都選挙区なら6人目までに1人入れられればいいわけだ。これはけっこう易しそうである。

さらになにかと目のつきやすい選挙区ということもあって、飛沫候補なんて言われる当選するとは思えないような候補者が多いことが知られている。

定数が多いから手堅く当選できそうな候補者も多いし、真っ当に考えても当選に希望を持てそう候補者も多いし、飛沫候補も多い。

というわけで冒頭に「てっきり市議会議員選挙かと――」と書いたのは、立候補予定者の数があまりに多くて、

ポスター掲示板の枠の数が20人超を選ぶ市議会議員選挙のような状態になっていたということである。


片や、府県界を越えて1つの選挙区、片や市議会議員選挙のようなポスター掲示板、

都道府県単位の選挙区というところにこだわった結果なのだが、もはや限界と言わざるを得ない。

ただ、これを抜本的に解決できるうまい方法が思いつくか? と言われると難しい。

比例代表だけに集約するのが一番簡単だし、参議院ならばそれでもいいような気はする。

とはいえ、選挙区が全く無くなってしまっては、政党に属さない候補者が当選するのは難しい。

定数を増やせば分配しやすくはなるが、半分ずつ改選するという参議院の都合を考えると、それで解決するには必要な人数が多すぎる。

本当に難しい問題だ。


もっとも人口に対して平等に割り振るのが必須かというと、憲法はそんなことは言ってないんだけどね。

ただ、国会議員は全国民の代表だから、常識的に考えれば人口に対して平等に議員を割りあてるべきだろうという話が導かれるだけで。

これが全国民が最も平等に参議院議員を選べる方法だと主張できる方法なら、必ずしも一票の格差に神経質になることもない。

これ以上、選挙区が広くなると、もはや選挙がなり立たないとか、そういう主張はアリかもしれない。

そこら辺、まじめに考えた上で出された答えが今回の選挙区なら納得なんだけどね。

実情はとりあえず簡単に手を付けられるところからってことだとは思う。それで納得させるのは厳しいかな。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/21(Tue) 23:50
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools