日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

マイナンバーの提出は特別

新しい職場に来たからやるべきこともあるけど、

その前にサラリーマンなら誰しもやらないといけない用事が積まれている。

それがマイナンバーの提出だ。


来年から源泉徴収票にマイナンバーを書かないといけないのよね。

他にもあるけど、そのために会社は従業員とその扶養家族のマイナンバーを収集しないといけない。

番号だけなんとなく提出すればいいわけではないし、Web上から提出とか、社内便で提出というわけにはいかないからめんどくさい。

とりあえずマイナンバーは出張から戻ってきたら不在通知票が入っていて、

それを持って郵便局のゆうゆう窓口に出せば受け取れたので、提出できる状態にはなっている。

なので、今日、提出のための作業をいろいろしていた。


マイナンバーの取扱についてはいろいろルールがある。

まず、マイナンバーの提出に当たっては番号だけ提出というのは認められない。

というのも法律でこんな規定があるからだ。

(本人確認の措置)

第十六条 個人番号利用事務等実施者は、第十四条第一項の規定により本人から個人番号の提供を受けるときは、当該提供をする者から個人番号カード若しくは通知カード及び当該通知カードに記載された事項がその者に係るものであることを証するものとして主務省令で定める書類の提示を受けること又はこれらに代わるべきその者が本人であることを確認するための措置として政令で定める措置をとらなければならない。

(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)

マイナンバーの提出を受けるときには、個人番号カードか通知カード+本人確認書類を確認しなさいということが書かれている。

個人番号カードというのは顔写真などが記載されたカード(まだ発行は開始されていない)なので本人確認書類を兼ねることができるという意味であり、

結局はマイナンバーの回収には本人確認書類が必要ということになる。

なぜ、こういうことを要求しているのかという話だけど、アメリカのSocial Security Numberでなりすましが問題となっていることを受けてのことだと言われている。

日本のマイナンバーは決められた行政手続以外では使えないことになってるので、アメリカとは事情が違うと思うのだが、

マイナンバーは本人確認の手段ではなく、本人確認の手段は別に用意しなさいと決めているわけだ。

もう1つ、考えるべき事があって、マイナンバーを含む特定個人情報をいかに保護するかということである。

具体的な規定はみつからなかったが、そこら辺の書類とは違って社内便で送ってはいけないという理由はそこにあるのではないだろうか。


では、僕が働いている会社の従業員はどうやってマイナンバーを提出するかという話だが、

まず、扶養家族がいる人は家族からマイナンバーの書かれた通知カードのコピーを取る。

扶養家族のうち配偶者のマイナンバーを回収するときには委任状が必要と書かれているが、国民年金の第3号被保険者関係で特別な扱いがあるらしい。

扶養家族のいない僕にとっては関係ない話だが。

それで次に従業員本人のマイナンバーの書かれた通知カードと本人確認書類のコピーを取る。

なので職場のコピー機で通知カードと本人確認書類のコピーを取った。

そしてそれらを封筒に入れて、社内数箇所にあるマイナンバー回収用ポストに投入して、その横に記帳する。

なぜ社内便で送ってはいけないかと言えば追跡がきかないからだろう。途中で盗まれてしまっても確認する手段がない。

なので各自で回収用ポストに持って来させて確実に回収できるようにして、

なおかつ記帳内容と回収物を確認することで盗まれていないか確認出来るようにしているということだろう。

うちの会社はそうでもないんだけど、グループ会社の中には小規模な事業所が散在しているところもある。

あと出向者もそうだけど、ある程度の規模のない事業所にはマイナンバー回収用ポストは設置されない。

そのような場合は各自で簡易書留で担当者に送付することになっている。これまためんどくさい話だ。


人事関係の手続きって、まぁ今まで研修のときに人事に直に渡すことも多かったけど、

一般的には社内のWebでやるか、社内便で送るかどっちかで済む用事がほとんどだ。

だから、わざわざ専用のポストに提出しに行くということの特殊性はよくわかる。

導入初年だからポスト設置してくれたけど、今後、扶養家族が増えたときにマイナンバーを提出するとなっても、

そのときにはポストないだろうから、直に担当者に持参か簡易書留で送付かどっちかになるんだろうね。

今以上に簡易書留に頼る事業所は増えるだろうし、担当者に直接持参というのはお互い時間がかかる。

そう考えるとマイナンバーって会社にとってはめんどくさい話だなと思う。


そういやマイナンバーといえば証券会社にも提出しないといけないんだよね。

SBI証券は写真で提出だろうね。インターネット専業の証券会社だから、そこはさほど手間はかけさせないだろう。

問題はみずほ銀行だよなぁ。優遇のために投資信託を持っているので提出しないといけないが、どうなることやら。郵送かねぇ。

多分、僕がマイナンバーを提出するのはとりあえず会社と証券会社2つぐらいだと思うけどね。


Author : Hidemaro
Date : 2015/12/01(Tue) 22:24
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools