日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

小さなレジのあるNewDays

今の通勤ルートだとJRの駅構内にあるNewDaysが便利なので、そこで買い物をすることが多い。

NewDaysというと使えるキャッシュレス決済はSuicaと相互利用しているPASMO・ICOCAなどのICカードに限られるので、

ICOCAにチャージしていなかった時代には、現金払いということで面白くなかったのだが、

今はSuicaオートチャージで何もせずとも完全キャッシュレスで使えるようになり、一気に便利になった。


そんなNewDaysだが、客が多いときにはレジの前に行列ができる。

別に並んで待ってればいいのだが、そのときレジの横に機械が置いてあることに気づいた。

見てみるとセルフレジらしい。

NewDays/セルフレジの使い方講座 (JR東日本リテールネット)

一般的なスーパーのセルフレジは、袋をセット→バーコード読み取り→支払い となるわけだが、

このシステムはバーコードを読み取るとスタートという仕組みになっている。

そして支払い方法はSuicaに限ることでたいへんコンパクトなレジとなっている。

資材はレジの横に置いてあるので、そこからストローでもフォークでも持って行けばよいわけだ。


なかなか気づく人もいないのか、今まで誰として使っている人は見たことは無いのだが、

それは自分が使いたいときにすぐ使えるということであり、気づいて以来、NewDaysで買い物するときは決まって使っている。

一般的なスーパーのセルフレジだと、レジ数台ごとにスタッフが監視していて、袋の重量を調べたりしているというのに、

NewDaysのセルフレジはただバーコードを読み取り、Suicaで決済するだけ、店員もレジにかかりっきりで目が届かない。

こんなのでいいのかな? と思ってしまうけど、スムーズに買い物できることは確かなので。


調べたところ、NewDaysは去年~今年にかけて150店舗に導入したそうで、これはNewDays全体の規模からすればけっこうな導入数かと思う。

JR東、駅ナカコンビニにセルフレジ 品ぞろえも2割増 (日本経済新聞)

それ以前だと、2010年にローソンが51店舗に導入というニュースが出てきた程度だ。

ローソンがNEC製の「セルフレジ」を導入、今年度中に51店舗へ (ビジネス+IT)

NewDays、意外とおもしろいコンビニかもしれない。


Author : hidemaro
Date : 2015/06/30(Tue) 22:44
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools