日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

ファミリーレストランもキャッシュレス

ちょっと前までファミリーレストランの類でクレジットカードが使えることはそうそうなく、

僕にとってはどうしても現金が必要なところの1つだった。

そりゃものすごい金額にはならないけど、数百円で済むわけでもないし、そこそこ重い。

ただ、そんな状況も変わってきていて、今ではクレジットカードが使える店も増えた気がする。


とはいえ、ここ数年はそういう恩恵を受けることもなく過ごしてきたのだが、

最近、ガストに行くことがあり、久々にその恩恵を受けることになった。

レジの横になんかICカードを受け付けそうな端末が置いてある。

それでちょっと周りを見てみるとSuica・PASMOなどを受け付けるらしい。

クレジットカード・電子マネー (すかいらーくグループ)

そんなわけなのでそのときはSuicaで支払った。残高が足りるならそっちの方がお得だしね。

他にEdyとiDにも対応し、あとはVISA・Master・JCB・AMEX・Dinersのクレジットカードを受け付けると書いてある。

これだけあれば安心ですね。


一般的に飲食店というとクレジットカードで払える店が多い印象があるが、単価次第なのかなと思う。

単価が高い店だとクレジットカードに対応する意味は大きいのだろう。

財布の中身が足りないと思ってもクレジットカードで払えるやということで売上を獲得できると考えているのだろう。

一方で、単価の安い店だとなかなかクレジットカードで払える店は少ない。

ただ、安いもんだから電子マネーの適するところという考えもあるのか、

吉野家でWAONが使えたり、食券を買う券売機がSuica等に対応してたり、キャッシュレス化が急速に進んでいる。

ファミリーレストランはその中間ぐらいなのかもしれないが、そうはいっても現金だと財布の中身がけっこう削られるわけで、

僕としては単価の高い店同様にクレジットカードに対応していただきたいと思っているのだが……


先日、現金での支払いの割合はいかほどか家計簿で調べてたんだけど、

スーパーの買い物がキャッシュレスで、娯楽関係が軒並みクレジットカード、公租公課は給与天引き、光熱水費はクレジットカード払いか口座自動振替、

なんてこともあって、現金の割合が10%を切っていて、なかなか優秀だなと思って見ている。

あと散髪がどうにかなればガクッと減るんですけどね。


Author : hidemaro
Date : 2015/06/25(Thu) 21:46
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools