日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

降りやすいが前が詰まりやすい

先払制のバスは引っ越し前から乗る機会はそこそこあったが、

先払制のバスで混雑に悩まされることはあまりなかった。

ところが、最近は先払制のバスで混んでるバスに当たることがあって、

先払制のメリット・デメリットというのが見えてきた。


昔、奈良交通のバスを例に取って、乗車方法・運賃支払い方法を紹介したことがある。

前から乗るか後ろから乗るか迷いそうな話

郊外を走るバスでは整理券方式ということで、後ろから整理券を取って乗って、降りるときに運賃を支払うことが多い。

それに合わせて大阪・京都・神戸などのバスでは、均一制であっても後ろから乗って、降りるときに運賃を支払う方法を取っている。

ところが奈良交通は奈良市内などの均一制のバスは前から乗って先払い、整理券方式のバスも同じところを走るがそれでも先払い。

学園前などでは駅から出るバスは後払いだが、駅に行くバスは申告先払いという、不思議な方法を取っている。

バスの乗降方法もいろいろあるのだ。


関東圏では均一系統は先払制が一般的で、多区間系統であっても申告先払が採用されていることは少なくない。

申告先払だけ見るとなかなか合理的には思えないが、均一系統に合わせるメリットがあるという考えなのだろう。

というわけだからバスに乗るときに運賃を払うわけだが、そうなると小銭の用意がない人が入口でまごつくことが考えられる。

それが先払制のデメリットだと思っていたのだが、最近ではICカードが普及しているので、

ほとんどの乗客はICカードで払うということでスイスイ進んでいくもので。

まぁ後払制にしても、車内で停車中に両替するならいいけど、降りるまで両替するタイミングがなければ、降り口でまごつくわけだしね。

その点では先払制と後払制に大きな違いはないのかもしれない。


ところが運賃を払って混雑したバスに乗ったとき先払制のデメリットが見えてきた。

最近はノンステップバス・ワンステップバスがほとんどだから、バスの後ろの扉は車両中央あたりにある。

後払制のバスだと、真ん中から乗り込んで、前にも後にも無理なく客が詰まっていく。

後方に立つ人は少ないけど、それでも前方が混んでたら後方に無理なく回る。

ところが、先払制のバスだと前からしか客が入らないので、後方は空いてるのに、前方ばかり詰まるということが生じる。

前方の人は苦しいから後方に進みたいところだが、すでに後方にいる人は快適なので特に詰める気が起きないのだろう。

ここで無理やり人をかき分けて後ろに進めば、自分も前方でぎゅうぎゅうになってる人にとっても快適になると信じているのだが、いかんともしがたい。


降りるときについては先払制のバスに分がある。ただ降りるだけなのだから。

車両中央にあるドアから降りるわけだから、前方にいても後方にいても無理なく降りられる。

しかも終点の停留所では前方のドアも降車に使わせてくれるので、なおさらスムーズだ。

後払制のバスだと全員を前のドアから降ろすわけだから、なかなかスムーズな降車とはいかない。

途中停留所で後ろの乗客が降りようとしても、前が詰まって降りるに降りられないということはある。

そんなときはだいたい後扉から降ろしてもらって、前扉に運賃を払いに行くという方法でなんとかすると思うが。

まぁ後払制にしてもICカードの普及が進み、昔に比べれば降車はスムーズになったのではないかと思う。

まごつく客は右によけて両替やらしてもらって、ICカードや小銭の準備ができている人がどんどん降りて行くなんてこともできるわけだし。

なかなか先払制だと支払にまごつく客を飛び越して乗り込んでいくのは難しい気がするからね。できなくはないと思うが。

後払制は降車に時間はかかるが、先払制に比べて乗車がスムーズならば、実際はそんなに差はないのかもしれないが。


先払制がよいか、後払制がよいかというのは、混雑状況、乗降停留所、支払手段によっても違うだろうし、

なかなかどっちがよいと一言で言えるわけではないなと思ったが、

先払制は前ばかり詰まるというのは実際に乗ってみて気づいた大きな難点だと思う。

後払制のバスでも車内の段差が問題にならない人は、できるだけ後ろに詰めるよう心がけるべきと思っているが、

先払制のバスではなお一層、後ろに詰めることを意識して乗るのが道理だと思った。


Author : hidemaro
Date : 2015/06/23(Tue) 23:27
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools