日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

経由地、名古屋をゆく

今日は名古屋に出かけている。
最終目的地は東京で、名古屋から夜行バスに乗って行くんだけど、
そのついでに名古屋で行きたいところがあったもんで、朝から名古屋に出かけていたと。
というわけでいつものように近鉄電車で名古屋へ・・・あっ、うっかり定期券で入ってしまった。
というわけで車内で精算を申し出て、現金できっぷを買った。PiTaPaで乗るつもりだったのに。
名古屋駅に着いて、地下鉄の駅でドニチエコきっぷを買った。600円で地下鉄・市バスが乗り放題、
さらに割引施設も多く、けっこうお得感はある。ただ、名古屋都心でうろちょろするだけならそんなに電車乗らないから必要ないか。
まずは東山線で1駅、伏見駅で降りて、白川公園へとことこと歩いていった。
最初の目的地で、今回の名古屋行きのきっかけは、白川公園にある名古屋市科学館ですね。
名古屋市科学館はとても大きな科学館だと聞いていて興味があったのだ。
最近、建て替えもあって、プラネタリウムは日本最大なんだとか。
ただ、名古屋市科学館はプラネタリウム含めて小中学生無料だとかいう話で、
そうなるとどうせ混んでて見れたもんではないだろうということで、展示だけ見るつもりで来ている。
案の定、プラネタリウムの入場券を求める人が長い行列を作っていたが、展示だけなら券売機でという。
「けどドニチエコきっぷの割引あるんだけど」「それもいけます」
券売機には案内係が付きっきりで対応してる。なるほど。
というわけで、これで展示だけと言ったらこのボタンで、と言うから360円払って入場券を買ったのだけど・・・
入場後に気づいたんだけど、大学生は200円で割引だと180円だったのだ。
言われるがままに買ったら大人だったぞ、なんとかしろと改札に文句を付けたが、なんともならんと言う。
どうにもならないなら気づかない方が幸せだったのかもね。だって400円以上の価値を見いだせる展示なのだから。
大阪市立科学館の展示を見てても思うんだけど、
展示スペースの限界で取り上げられる科学的な事象というのはどうしても限られる。それが惜しいなと思ってたのよね。
名古屋市科学館は展示スペースが広いので、本当にいろいろな展示がある。
地球の成り立ちということでボーリングサンプルを展示して考えさせてみたり、
生命の仕組みやらを詳しく説明してみたり、
物理現象もいろいろ展示してたけど、数学・情報についての展示もあって、科学の広がりを表してると思った。
あと実演も大掛かりなものがいくつかあって、放電ラボでは放電を見せてみたり、
竜巻ラボでは竜巻を発生させてみたり、竜巻は初の経験ですごいなと思った。
これ、プラネタリウムも含めたら1日つぶせるなと思った。それぐらい充実してた。
実演も時間の都合さえ許すのなら本当にいろいろある。
再入場もできるけど、館内に休憩所があるので、そこで買ってきたおにぎりを食べてた。
結局、13時ごろには出たんだけどね。
次に矢場町駅から神宮西駅へ、この神宮とは言うまでもなく熱田神宮だ。
駅から出て驚いたのは・・・道路が白い!コンクリート舗装か。
後にバスにのってたときも、コンクリート舗装の道路見たしなぁ。さすが名古屋、道路が酷使されるから高くても耐久性を選んだのか。
そんなことはさておき、熱田神宮、なかなか歴史を感じる境内だ。説明見ると相当みたいね。
ただ、社殿は明治時代に伊勢神宮と同じデザインにしたらしい。三種の神器をまつっているのだから、と国費で作り替えたとか。
確かに雰囲気はよく似てるな。
熱田神宮を出て、熱田駅からバスで名古屋港へ向かう。
といっても名古屋港に行くバスがないので築地口までですが。けど30分に1本ぐらいはあるし悪くない。
築地口から名古屋港へは地下鉄で1駅、バスで1区間だが、はてどうしようかと思ったら、ちょうどバスが来た。
これで名古屋港に到着、まもなくポートビルが見えてきた。
一番の目当ては「南極観測船ふじ」だけど、先に海洋博物館と展望台も見ておきますか。
3施設セットはドニチエコきっぷの割引があって580円なのでね。
ただ、正直そんなにおもしろくもなかったかな。ふじ単独でもよかったかも。
展望台に上るとPILOTと書いた船が、水先案内人の方が帰ってきたようだ。それぐらいかな。
というわけでお目当ての 南極観測船ふじ へ。
南極観測船の暮らしがよく伝わるものだった。人形がものすごいリアルでね。動きが見えるようだった。
それにしても下士官の居住スペースは余りに厳しいな。研究者の居住スペースとは全然違う。
そこで気づいたのだけど、南極観測船って自衛隊が動かしてるのよね。
研究者の活動を支えてるのは多くの自衛官だということだ。
南極での輸送の要、ヘリコプターも「海上自衛隊」と書かれているし。
あと砕氷船って揺らしながら氷を砕くのね。乗り心地悪そう。
さて、話は飛んで、夜の星が丘駅、ここから坂を上って向かったのは東山スカイタワー、
名古屋市の防災無線などの基地局らしい。
ここからの夜景を見に来たのだ。なんでも山の上ということで見晴らしがいいんだとか。
確かにすばらしかった。都心方向を見てみると光に圧倒される。
具体的に何が何かはわかりにくいけど、名古屋駅周辺の高層ビルとテレビ塔らしき点滅する赤色灯は読みとれたかな?
名古屋の支配者になった気分だ。
最後に栄にやってきたわけど、テレビ塔とその周辺のライトアップのきれいなこと。
名古屋をうろちょろして栄周辺の密集度を改めて知ったのだった。
ほかにも見てきたものはいくつかあったけど、それはまた改めて。
Author : Hidemaro
Date : 2014/11/29(Sat) 22:04
記録 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools