日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

昨日は七夕の1ヶ月前かな

昨日は7月7日、七夕の1ヶ月前でしたね。

なんて言うと、「ん?」って返されるのがオチだけど。


昔の暦は太陰暦だったから、その頃は年中行事の時期は太陰暦で表していることが多かった。

もちろん冬至とか太陽暦的に定義されていたものもあったけど。

それが明治に太陽暦に改められてからの対応はいろいろあった。

年中行事の日付は今まで通り太陰暦で決めるというやり方も考えられるし、

実際、中国とかだと陰暦の正月を春節として盛大に祝っている。太陽暦の1月1日はそうでもないらしい。


けど日本ではそういう対応は少ないよね。ほとんど太陽暦の何日という形でやっているような気がする。

というか日本では正式には太陰暦のカレンダーはもう作れないんですよね。非公式に作られたものはあるけど。

太陰暦と太陽暦ではほぼ1ヶ月ぐらいのズレがあるので、太陰暦で表していた日付を太陽暦では1ヶ月ずらすという方法が主流な気はする。

例えば、盆は陰暦の7月15日のことを表していた。現在はそれを1ヶ月ずらした8月15日に盆の行事が行われることが普通だ。

その一方で正月などは1ヶ月ずらさず、太陽暦でも太陰暦の日付のまま行事を行うものもある。

時期はほぼ1ヶ月ずれるが、重要なのは年が変わるということだということなんだろうね。

1月15日の小正月にいたっては敬老の日が15日から第2月曜日に変わってから、敬老の日のあたりで行事を行う地域も多いだろう。

元は満月を基準とした正月という意味だったはずなのに、今となってはその名残は薄い。


その上で七夕を考えてみると、七夕はかつて太陰暦の7月7日だった。

ということで言うと太陽暦では8月7日がちょうどいい。

盆とも関係がある行事だそうだから、太陽暦の8月15日に盆の行事をやることとも対応が取れている。

けど、7月7日という見た目がよかったからか、太陽暦でも7月7日を七夕と考えている人が多いのが現実だろう。

ただ、残念なことに7月7日だと梅雨ともかぶって天の川が見えたもんではないという話もあるわけで、なんとも残念なことである。

今年の7月7日もやっぱりだめだったわけだから。


そんな中で七夕は8月7日だと強く主張するのが京都市である。

平成26年度「京の七夕」開催概要について (京都市)

8月7日前後に七夕?ということでピンとこない人が多い中で、市バスやらが必死に宣伝している姿はなんともかんとも。

まぁけど来場者数を見る限りはけっこう受け入れられているようね。

やっぱり陰暦の7月7日だというところもあるようだし、そのあたりは地域によってもいろいろあるようね。

陰暦7月7日は上弦の月にあたるので、天の川が観察しやすいという合理性もある。

国立天文台も陰暦7月7日相当の日付を計算して公表しているようだ。

伝統的七夕について教えて (国立天文台)


七夕ほど太陽暦への対応方法が定まらない年中行事も珍しいような気がする。

そりゃまぁ今でも陰暦の正月が旧正月ということで話題になることがないわけではないけど、

そうは言っても休みになるのは1月1日の前後ぐらいだから、旧正月を大々的に祝うというのは合わない。

盆も太陽暦でも7月15日という地域も、あくまでも陰暦7月15日という地域もあるそうだけど、

現実に仕事などが休みになるのは8月13日~15日などで、このあたりが盆であるということは認めざるを得ない。

そんな大がかりなことでもないから、こうして定まらないのだろうけど。


そういや他にも天文に関係した行事に十五夜があるけど、これは太陽暦に換算されることはないな。

そりゃそうだ。中秋の名月ということで美しい満月(でも厳密には満月ではないらしい)を見るのが目当てだからだ。

太陽暦では日付は定まらないけど、中秋の名月と聞けば空を見上げてみる。

日付が定まらないせいで扱いはいい加減な気はするけど、今でも太陰暦のままうまく行っている珍しい例かもしれない。


Author : hidemaro
Date : 2014/07/08(Tue) 22:36
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools