日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

現金より便利な支払い方法?

日本の貨幣というと
1円、5円、10円、50円、100円、500円硬貨と、1000円、2000円、5000円、10000円紙幣と。
どれも非常に身近ですね。
銀行のATMから10000円紙幣を出すことは多そうですね。
500円硬貨はさすがにコインであることに違和感を覚える高価さですが、
まぁ1000円で硬貨と紙幣が切り替わるのはわかりやすいわな。
なんやかんや言うけどなかなか便利だと言うことです。
ところがだ、この10000円程度の紙幣がよく流通してるのはかなり珍しいことだそうだ。
USドルには1ドル、2ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドル紙幣があるそうだ。
ただし2ドルはあまり流通していないらしい。
さらに聞くところによれば、普段流通してるのは20ドル以下らしい。
それ以上だと偽造怖いとかおつりを出せないとかいうので困るそうだ。
20ドル言うと、2000円程度ですね。
あと硬貨も普通は25セントが最大ですからね。1ドルからは紙幣ですよ。
紙だらけでいろんな意味でかさばりそうですね。
あと、韓国のウォンは10000ウォンが最高額面で、これは現在640円程度。
まぁ今の日本円で見るとあまりにおかしいが、まぁ1000円札ぐらいの気分です。
これは本当にかさばりそうですね。
さて、例えばだ、5万円のテレビを買おうと思った。
まぁその程度なら現金で払うことが多そうですね。
カード払いだと便利ですけどね。まぁ限度額の加減もあるだろうが…
デビットカードだと口座残高が限度額だから意外と便利かも知れません。
まぁ実はこれは小切手の代わりそのものなんだけどね。
さて、ATMでもこの程度は下ろせますね。と一万円札を5枚もらってきて払うと。
便利ですねー。と言いたくもなりますね。
まぁUSドルで同じことすると感覚的には20ドル札25枚もらってくる程度だと。
うーん…同じ紙幣10枚超えると気持ち悪いものがあるよね。
以前銀行で1万円下ろすとき両替ボタンを押したら千円札10枚出てきたけど、気持ち悪かったな。
本当は千円札5枚と五千円札1枚で欲しかったのだけど。
そこで小切手なんてもんを使うらしい。
僕は、紙幣の偽造よりも、不渡りの方が怖いと思うけどね。
小切手というのは、当座預金作って小切手帳もらって、なんぼ払いますよと書いて相手に渡せば、
それを相手が銀行に預ければお金が来ると。
そういう仕掛けなのですが、怖いのは残高不足だとお金が来ないんですよね。
これ不渡り言うんですけど、結構ありそうで怖いですね。
不渡り防止のために、自己宛小切手というのがあって、銀行にあらかじめ金を渡して、
それで銀行がなんぼ払いますよとする仕組みがあって、
実は韓国ではこの仕組みで作られた10万ウォン小切手が広く使われているそうだ。
日本では流行ってないですけどね。
10万円までなら現金で払うと楽だし、あまりに高額なら振り込みで払うでしょ。
しかしアメリカとかでは普通に小切手で払うらしい。
すごい手間だと思うのだが…
まぁ実はこの小切手の代わりにデビットカードがあるんですよね。
これは便利ですよ。
最近日本でも多少VISAデビットを使う人が出てきたけど、
「VISAで」と言って、CATに通してもらってサインするか暗証番号入れるだけで完了。
払う方はそれだけで勝手にお金が落ちてると、
受ける方もきちんと契約すれば、手数料安いしそれなりにすぐ入金されるし。
クレジットカードよりも有利だそうです。
まぁ実際はそんなに真面目なところもないので、クレジットカードと一緒ですが。
以前からJ-Debitはあるが…まぁあんまり便利じゃないですね。
まぁ現金でも十分便利だけど、お金下ろさなくてよくて素早く済むならVISAいいですねということです。
Author : Hidemaro
Date : 2008/11/25(Tue) 22:23
お金 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools