日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

大学院生の夏休み

おととい、朝、電車に乗ってて気付いたんだが、なんかいつもより空いてるなと。

特に高校生が少ないな、あ、そうか夏休みか。


高専の頃は前期の途中、7月20日ごろから8月末までが夏休みだった。

小学校の頃から慣れ親しんだ時期ではあるが、小学校・中学校に比べると少し遅めのスタートか。

前期の間に挟まれるということで課題が出題されることもあった。

製図を仕上げてこいとかそんなこともあったっけ。(制御盤の設計のお仕事)

夏休み明け、少し授業をしてすぐテストなので、テストに向けて復習をするような課題もあったか。


それが大学では前期のテストが終わってから9月末までが夏休みとなっている。

名目上は来週の水曜からだが、実際には昨日の時点で大半のテストが終わったから、

今日から事実上の夏休みとも言える。まぁ僕はまだテストが残ってるんだけど。

そう考えるとほぼ2ヶ月夏休みがあるのか、長いなぁ。

高専の頃より、スタートが1週ちょっと遅くて、1ヶ月終わるのが遅いということか。

本来15週の授業が必要なところを14週しか授業しなくて、期末試験だけしかしないから、

高専のときに比べると15週目と中間テストの2週ぐらいは長くなるだろうし、

あとは4月の授業開始が1週ぐらい早い分か。これで3週差ぐらいは説明できるな。


合理的ではあるんだろうが、正直9月に休みが与えられてもなぁという思いはある。

旅行に出かけるときに9月だと割安とかいう話はあるけどね。

しかしあいにくそんな計画もないし。


「そうか、テスト終わってから夏休みなのか、高専のころは前期の途中に夏休みだったから宿題が出てたんだがなぁ」

なんてつぶやいてたら指導教員に「じゃあ夏休みは全部研究につぎ込めるね」とか言われたが、それだけでは面白くない。

もちろん研究室に行って仕事はするけど、毎日いくこともないだろう。

高専専攻科の頃は1年の夏休みは盆明けにはインターンシップだったから、

それまでに研究のことでやらないといけないことがあったので、それなりの頻度では行ってたが1週間に2日、3日ぐらいだったか。

2年の夏休みはそこまでやることがなかったから10日間隔ぐらいで行ってたんだっけ。

この夏休みは週に1回、ゼミの日は絶対に行かないといけないが、それ含め1週間に3日ぐらいは行くかね。

研究室に通ってばかりでも仕方ないし、どっか出かけるかなぁ。例によって日帰り旅行だろうが。

大学院に入ってから行動するエリアが変わったので、それも生かした計画を立てられればと。

まだキャンパスメンバーの施設も制覇できてないからな!


Author : hidemaro
Date : 2013/08/01(Thu) 23:51
日常 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools