日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

四条通の下を走るからいいと思ってた

今日、こんなニュースを見た。

駅改名へ見えぬ終着点 阪急河原町駅、関係者ら平行線 (京都新聞)

阪急が河原町駅を京都河原町駅と改名しようとしていることについて、地元が四条河原町駅を提案しているという話だ。


京都市内では交差点やバス停の名前を交差する2つの通の名前から付けることが多い。

例えば烏丸通と丸太町通の交差点は烏丸丸太町と呼んでいる。

都心から外れるとそうとも限らないのだけど。例えば今出川通と東大路通の交差点は百万遍だし。

バス停もそのように名付けられているのだが、鉄道の駅は直角に交差する通の名前だけ付けられている事が多い。

烏丸今出川にある烏丸線の駅は今出川駅だし、東山三条にある東西線の駅は東山駅だ。


知ってる人からすればそんなのは大した問題ではないのだが、

かつて、京阪と烏丸線で五条・四条・丸太町と同じ名前の駅が存在した。

どちらも五条通・四条通・丸太町通と交差するところの駅という点では共通しているが、場所は全く異なる。

京阪の駅前のバス停の名前は四条京阪前などなってるし、烏丸線の駅の上のバス停は四条烏丸など交差点の名前だからいいんだけど。

これでは紛らわしいということで中之島線開業に合わせて京阪はこの3駅の名前を清水五条・祇園四条・神宮丸太町と改めた。

これまで通り、四条駅とか言ってる利用者がほとんどでしょうけどね。


阪急は京都市内で四条通の地下を走っているので、

四条大宮にある駅を大宮駅、四条烏丸にある駅を烏丸駅、四条河原町にある駅を河原町駅としている。

西院駅は西大路四条にあるが、この地域の地名より西院駅としている。市バスのバス停は西大路四条なんで紛らわしい。

けど、なにより紛らわしいのが烏丸駅だよな。烏丸線との乗り換え駅なのだが、烏丸線の駅は四条駅なのだから。

四条通を走る阪急からしてみれば烏丸通との交差点にある駅、烏丸通を走る烏丸線からしてみれば四条通との交差点にある駅、

確かにそうなのだが、正直わかりにくい。

大宮駅・河原町駅にしてもバス停の名前は四条大宮、四条河原町だから対応が取れない人もいるかもしれない。


どうにかならんもんか、というところで、西山天王山駅の開業に合わせ駅名を改めるという話が出てきた。

まず、阪急にとっての京都のターミナルである、河原町駅を京都河原町駅に改めるというもの。

現在でも放送では京都河原町行きなどと言っているから、それを正式な駅名にも反映させるということだ。

そして烏丸駅を四条烏丸駅、大宮駅を四条大宮駅と改めるのだという。


これに対して、四条河原町界隈の商店街の人たちが、四条河原町駅を提案しているという。

四条大宮、四条烏丸と来れば、四条河原町と続くのが自然だし、

繁華街の名前として定着している四条河原町をそのまま駅名に取り入れた方がよいだろうということだ。

京都河原町駅とするとかえって京都駅と紛らわしいとも指摘している。


阪急が京都河原町駅という名前にしたいと言っているのも、

河原町とだけ言われても京都にあるのだとわからない人も多いだろうと思っているのだろう。

だからこそ現在も放送で京都河原町行きだと言って、この列車は京都市内まで行きますよと言っているのだろう。


近鉄も阪神なんば線の開通に合わせ、上本町駅を大阪上本町駅、近鉄難波駅を大阪難波駅と改めたが、

この理由も両駅が大阪にあることを明確にするためだとされている。

特に、近鉄は遠く離れた名古屋・伊勢方面でも行き先に難波や上本町と掲げた列車を走らせていた。

これでは一見して大阪に行くのかわかりにくい、

ということでこれまでも名古屋・伊勢の駅の放送では大阪上本町行きなどと言っていたが、それを正式な駅名にも反映させたと。

それに伴い、これまで単に上本町・難波と案内していた駅でも大阪上本町・大阪難波と案内するようになった。

実際のところはこれらの駅を頻繁に利用する人はこれまで通り、上本町駅、難波駅と言っているし、それで全く困らない。


現状、京都河原町行きなどと案内しているのだし、京都河原町駅としてもあまり変わらないのかなぁとも思った。

地元の商店街が言うように、四条河原町駅とできればわかりやすいのは確かなのだが、

阪急にとっては京都のターミナル駅であることを明確にするのが優先だろうからな。

京都四条河原町駅だとかすれば、京都のターミナルであることも四条河原町にあることも明確になるが、長すぎる。


大宮駅・烏丸駅の四条大宮駅・四条烏丸駅への改名は素直に受け入れられるんですけどね。

特に、烏丸駅の四条烏丸駅への改名は、烏丸線の四条駅との乗り換え駅であることも今よりはわかりやすくなりメリットが大きい。

この2つの駅は行き先に出てくる駅でもないから、京都にあることを強調する必要もない。

京都一の繁華街にあり、かつ、阪急にとっての京都のターミナルである、という河原町駅ゆえの問題なんだろうなと。


ところで近鉄沿線に住んでいると、四条河原町界隈に行くことを四条に行くと言う人が多い。

京阪に乗り換えて四条駅で降りていくから、あそこは四条だと思っているのだろう。僕も四条と言われて思い浮かぶのはあのあたりだ。

ただ、阪急沿線の人からすれば、あそこは河原町だというだろうし、同じところを指しているのに人によって言い方が違ってるのよね。

これで話がかみ合わないということもあるのかなぁ。

阪急だけの問題でもない気もするし、根深い問題なんじゃないかと思う。


Author : Hidemaro
Date : 2013/04/06(Sat) 23:39
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools