日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

さよならスマートフォン

今日、Nexus 7とモバイルルーターが届いた。

アクセサリも届いたので早速使い始めることが出来る。


以前、EMOBILEのモバイルルーターを使うのが安いという話を書いた。

モバイルルーターとタブレット

このとき

音声通話やE-mailも、ということになると心配な面もあるが、別にイーモバイルのスマートフォンを使おうというわけではない。

この部分は引き続きソフトバンクモバイルを使うことを考えている。

ただ、タブレット端末を持つようになればX01Tを使い続ける理由もないので、

以前使っていたVodafone 703SHfに戻せばいいかなとは思っている。軽いし電池の持ちもいいし。

と書いたとおり、今日をもって長らく使ってきたX01Tを使うのをやめ、703SHfに戻すことにした。


X01Tが発売されたのはちょうど日本でスマートフォンという言葉が使われ始めた頃だったかな。

Softbankでスマートフォン向けの料金体系が設定され、とはいえ初期はパケット定額の上限1万円ぐらいだったのだけど、

そんな頃に発売されたものだった。

2007年の12月、発売と同時ぐらいに購入している。価格は10万円ぐらいだったが、実質的な負担は4万5千円ぐらい。

今になって見てみると高いが、4万5千円ならWindows Mobileを搭載したPDAに比べればそう高くないと評価していたようだ。

それから5年、ずいぶん変わったなぁと思う。


今回、Androidを搭載したNexus 7を購入したわけだが、

CPUの性能も高く、電池の持ちもよく、なによりChromeの動作が速い。

そしてAndroidはWindows Mobileよりずっと普及したから、アプリも充実している。

Google Playでフリーセルと検索するといろいろ出てきて、好きな物をインストール出来る。

あとATOK Passportを契約してるわけだけど、AndroidのATOKもあるから早速インストールした。(参考 : かしこい日本語に月300円であやかる)

こんなことができるようになったのもAndroidが普及したからだよな。


それもこれも世の中にスマートフォンが普及したからだし、

旧来からの携帯電話端末をスマートフォンに置き換えるのが世間一般の流れである。(参考 : らくらくスマートフォンというもの)

そんな中でスマートフォンを手放し、旧来からの端末の703SHfに戻るのはコンパクトだからかな。

久しぶりに703SHfを引っ張り出してきたのだけど、やはり軽いんだよな。

電池の充電を忘れても電池切れになることはめったになかった。消費電力も低いんだよね。

音声通話・E-mailに限れば便利なんだよね。まぁテンキーで文字を打つのはめんどくさいが。

それ以外のことは不便が多いけどね。アプリとか動くのは限られてたし、Webの閲覧も満足にはできない。

けどそれはNexus 7でやればいい。EMOBILEの接続環境も持ってるのだから。


ちなみに703SHfを買ったのは高専に入学する前のことだから、これは7年以上前の端末なんだよね。

この当時はまだワンセグが付いてない端末が多かったのでこの端末もワンセグはないが、

今はワンセグ付いてるのが普通になったよね。

あと最近はSoftbankも900MHz帯を獲得したけど、この端末は当然対応してない。

こちらも7年間の変化はそれなりにあるのだが、基本的な機能は問題ないだろうと。

とはいえ、900MHz帯の導入によってこれまでつながりにくかった地域でもつながりやすくなるという話がある。

こちらも買い換えを検討してもいいかもしれないね。けどとりあえずは703SHfでいいや。


Author : hidemaro
Date : 2013/02/19(Tue) 23:59
買い物・消費 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools