日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

飛行機は速いから儲かるんだと

年賀状、完成指せてポストに投げ込んできた。

多分、これで元日に到着するはず。


久しぶりにSimutransで遊んでたのだが、

空港を設置して、まだ道路を開通できていない遠い都市への路線を設定した。

マップが広すぎてまだ接続できてない都市がいくつかあってね。

そのとき設置した空港を使って、離れた2つの都市圏を航空路線でつないでみた。

もともと鉄道+船のルートがあったのだが、いかんせん遠いので飛行機で行けるようになるとどうなるかなと。


その結果、鉄道+船のルートは利用が激減、多くが飛行機に移ったようだ。

空港や空港へのアクセス路線は大混雑。

飛行機そのものは乗れる人数は多いので、飛行機に乗りたい人が空港にたまるというよりは、飛行機から降りた人がたまってたようだけど。

やはり飛行機にはかなわないな、と思った。

ふと気になって会社の収益を見てみると、航空路線の設定後、会社全体の収益が3倍以上に伸びていた。

え? とおもって調べてみたら、その航空路線の運用利益が会社の利益の大半を占める状態になっていた。


Simutransというゲームでは旅客・貨物を運んで得られる収入は速度に応じて決まる。

運ぶものによって速度による収入の変化の仕方は違って、

旅客や低温貨物は速度の増加に応じて大きく収入が増えるが、砂とか石炭とかは速度が増えてもさほど収入は増えない。

確かに速い乗り物ほど高い運賃を取るというのは納得がいく。

鉄道・自動車・飛行機など種類によって基準となる速度は違うのだけど、

実際に飛ばしている飛行機は基準となる速度に対してはるかに速いので大きな収入が得られる。


一方で旅客・貨物の経路選択だが、現在の経路選択アルゴリズムがどうなってるのかよくわからんが、

速いルートが優先されているように見える。

停車駅数の少ないルートが優先されるアルゴリズムだった気もするけど、どうだったっけ。

まぁともかくできるだけ目的地に早く到着できるルートを選択しているつもりなのだろう。


その結果、最速ルートを求めて客が飛行機に集中して、高い収入が得られるようになったらしい。

しかしこれほど飛行機が儲かりすぎるのではおもしろくない。

そう思い、結局はこの航空路線は廃止してしまった。


その後、鉄道の電化・高速化などを進めていった。

鉄道を高速化しても収入は増える。ただ、航空路線の開設時ほどの急増ではなく、もっと穏やかな増加だ。

競合する2つのルートの一方を高速化すると、高速化した方の乗客が増え、もう一方のルートが客が減るという現象も見られた。

確かに高速化の成果を見ることができた。

鉄道の高速化をすると収入も増えるがその分設備の維持費も増えるのでそこら辺も含めて収益が増えるかというのは見極めが必要だ。

こちらの方が僕は面白いと思ったので当分はこれでいこうと思う。


Author : Hidemaro
Date : 2012/12/25(Tue) 23:52
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools