日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

Illustratorで表を作るなんて

Illustratorで表を作るのってできたっけ、

とおもって調べてたら一応できるようだ。

もっとも表を作ると言うより表の罫線を引くだけだが。


Illustrator CS5で表組を作る方法 (LL的Mac日常)

この「1つ目の方法」によって行った。

パスの段組設定からあらかじめ用意した長方形の範囲内に長方形を並べてくれる。

セルを統合させたり、分割したりということもわりに簡単にできるので、

わりによくできてんのかなと思った。


ただ、これでできるのはあくまでも罫線を用意するところまで。

内容は自分で文字を配置して書き込んでいかないといけない。

まぁ何のためにIllustratorで表を作るのかと言えば、手の込んだ表を作りたいからなので、

いろいろいじれるのはそれはそれでありがたいことなのだけど。

行高さを文字の行間を合わせれば簡単に内容も入れられるので、それも活用して埋めていった。


結果的には思っていたような表を作れた。

なかなかOOo Calcでは細かいところまで書式をいじれないので、

そんな中ではうまいことできる方法だったのかなと。

とはいえ、Illustratorまで持ち出してくる必要があったかはよくわからない。

当たり前の事ながら表をつくるツールではないので、手間はけっこうかかる。

そこらへんは考える余地があったかも。けどいけるなとは思った。


Author : hidemaro
Date : 2012/11/23(Fri) 23:52
Windows・Microsoft | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools