日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

入力データをソースコードに書くと

Perlで入力データを入れるとき、ついついめんどくさがって、

my $foo=<<EOF;
(データ)
EOF 

なんてヒアドキュメントで書いてしまうことがよくある。


ソースコードの中に直接データを書き込むのはどうなんだという話だが、

まぁ使い捨てのプログラムだし、スクリプト言語だし、まぁいいかとは思っている。

とはいえ、ヒアドキュメントでテキストデータを1行ごとに分けるには、

my @line=split($foo,/\r\n/);

とかしなきゃいけないんだから、ファイルを1行ずつ読み出した方が結局は楽なのかも知れない。


しかし、ヒアドキュメントというのは便利なもんだ。

C#では、

foo=@"abcdefg
hijklmnop";

といったように @"~"とすれば複数行の文字列を簡単に書けるが、そうでもなければ1行しか書けないもんね。

まぁもっともC#で複数行の文字列を書くためにこれ使ったことはなかったような気がするけど。


Author : Hidemaro
Date : 2012/10/22(Mon) 23:13
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools