日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

和歌山から那智山へ新宮へ

朝5時、夏とはいえまだ外は暗いが起きて、朝ご飯も食べずに家を出た。

そして5時半、近鉄電車に乗って大阪へ向かった。

朝ご飯を食べてから出ることにするともっと早く起きないといけなかったので、

あらかじめパンを買っておいて電車の中で食べながら、大阪へ向かった。


7時ごろ、南海難波駅にたどり着いた。ここから南海電車で和歌山に行く。

「四国連絡、特急サザン和歌山港行きです」と放送が流れて、これで徳島に行けるのかー、

と思ったけど、今日の目的地は徳島じゃない。まぁ徳島もいつか行きたいですけどね。

和歌山市駅で降りて、JRに乗り換えて和歌山駅へ向かう。

実は和歌山市駅は紀勢本線の和歌山側のスタート地点なんですね。和歌山駅じゃないんですよ。

その昔、難波から新宮方面へ向かう列車が走ってたようだけど、その頃はこの線路を走って行ってたのだろう。

今となってみれば和歌山線と同じ種類の電車が和歌山駅と和歌山市駅を往復してるだけだけど。

紀勢本線の列車もくろしお号をはじめとして和歌山駅から阪和線へ入ることも多いから、

だから紀勢本線のスタート地点というよりは和歌山線の支線というのがしっくりくるのかもしれない。


ともかく家を出て3時間そこらで和歌山駅に到着、ここから那智へ向かって、延々鈍行を乗り継いでいく。

紀勢本線というと多数の特急が走ってるが、なぜ延々鈍行なのかというと、

あまり特急に乗るメリットがなかったからということになる。

新宮への到着時間を早くできるのなら特急乗ろうかとも思ったんだけど、出発時間が遅くなるだけならあまりおもしろくないなって。

そんなこともあって御坊、紀伊田辺で乗り換えながら延々鈍行で進んでいった。

御坊で短い電車に乗り換えたのだが思っていたより混んでいた。田辺について乗り換えてもまだ混んでる。

白浜に着いたとたん、人が半分ぐらいに減った。白浜まで鈍行で来る人もいるんだなと思ったけど、人のこと言えないよね。

串本駅で20分ほど特急の通過待ちや行き違い待ちで停車していたので、ホームでおにぎりを食べて腹ごしらえ。

家をでて8時間、13時半ごろ、那智駅にたどり着いた。


那智駅は無人駅なのだが、駅の前には道の駅がある。

少し待てば那智山行きのバスがやってきた。

これで那智山へ向かうが、上まで登り切らずに途中の大門坂バス停で降りた。

これが熊野交通一押しのルートで、中辺路の一部である大門坂を歩いて熊野古道を体感してみようということである。

熊野古道大門坂 (熊野交通)

自動車で来た人も大門坂駐車場に車を停めて大門坂を歩いて那智山に行こうと。そして帰りにはバスで下山どうぞと。

ともかく、大門坂を上っていく。木々の間の石畳の道を延々歩いていく。意外に急だった。

20分ほど歩けば那智山バス停に到着、ゆっくり歩いても30分ぐらいだから確かに手軽な熊野古道かな。


そこからさらに参道の石段をあがって熊野那智大社に到着。

振り返ってみれば、とてつもない絶景だった。

ただ、山に目を向けてみると土砂崩れの跡が。

実はここにたどり着くまでも、洪水の影響で道路が片側交互通行になってたり、大門坂で木が倒れていたり、台風の爪痕は多数残っていた。

那智大社でお参りして、隣の青岸渡寺に。

青岸渡寺はもともと熊野那智大社の一部だったのが分離されたものなので、これも熊野三山の一部ということになっているよう。

青岸渡寺からは那智の滝が見える。

そこから那智の滝の方に下っていくと、飛瀧神社が。だいたい予想は付くだろうけど滝がご神体ということだ。

那智の滝、間近で見てみるととても雄大だが、ここも台風の被害を受けていて、現在修復工事が行われている。


バスまで時間があったから那智大社で景色を眺めていたが、そろそろと那智山バス停に向かった。

そしてバスに乗って那智駅へ。

那智駅で電車まで時間があったので道の駅の世界遺産情報センターを見学していた。

今回のルート、かつての参詣道でいえば、紀伊路から大辺路といったところか、とか思いながら見てた。

そうこうしてたら電車がやってきたので新宮へ向かった。

ちなみに勝浦~新宮はバスの方が本数が多くて、熊野交通はその乗り換えルートを紹介している。まぁ運賃は高いんですけどね。


新宮にたどり着いたのは17時半ごろだけど、暗くならないうちに熊野速玉大社に行こうと思った。

駅から少し離れてるのだが歩いて移動するのに不便はない。

たどりついたら「日本第一大霊験所」なんて書いてある。熊野三山の中でもっとも最初に熊野権現の称号を得たということらしい。

かつて速玉大社はここにはなくて、現在の神倉神社のところにあったのだけど、これに対して現在の速玉大社を新宮というそうで、

それが新宮の地名の由来なんだろうなぁって。


それからオークワで買い物してたのだが、買い物を終えて出てきたら新宮行きと書いた奈良交通のバスが。

これが明日乗る、八木新宮線のバスですね。

新宮駅にある奈良交通のバスポールをチェックしたし、準備も万端だ。

そうしてホテルにチェックインして現在に至る。


ところで新宮の町を歩いていて思ったのだが、なにか寂しい。

この地域の中心的な都市、なのになんで、と思ったのだけど郊外のショッピングセンターが強いようだ。

そういえば新宮駅の2駅前、紀伊佐野駅のあたりにでかいスーパーセンターオークワがあったが、

あれともう1つイオン新宮店が大きくて、この2つの店が周辺地域から買い物客を呼び寄せている。どうもそれが現実らしい。

速玉大社からの帰りに寄った、オークワ新宮仲之町店、オークワ発祥の店らしいが、

かつては大きなショッピングセンターだったようだ。ところが郊外型のショッピングセンターにやられ規模を縮小するに至ったらしい。

どうも寂しいが仕方ないね。


Author : Hidemaro
Date : 2012/08/26(Sun) 22:37
記録 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools