日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

研究室でLibO vs MS Office

僕はオフィススイートとして専らLibreOfficeを使っている。

最近まではOpenOffice.org使ってたけど、分裂騒ぎとかあってLibOにした。あまり差はないが。(参考記事 : OpenOffice.orgの分裂と選択)


とはいえ、オフィススイートとしてよく使われているMicrosoft Officeは僕にとっても無視できない。

自宅のPCやノートPCにはLibOしか入ってないんだけど、

研究室のPCにはMS Office入ってるので。もちろんLibOもあるよ。

そんな研究室でのLibOとMS Officeの使い方の話。


MS OfficeとLibOのソフトウェアは以下のように対応している。

  • ワードプロセッサ : Microsoft Word ・ LibreOffice Writer
  • 表計算 : Microsoft Excel ・ LibreOffice Calc
  • プレゼンテーション : Microsoft PowerPoint ・ LibreOffice Impress
  • データベース : Microsoft Access ・ LibreOffice Base

ただ、対応しないソフトもある。

MS OfficeにあってLibOにないのは、メーラー・スケジュール管理を行うOutlook、デジタルノートのOneNoteなど。

まぁLibO使うような人ならMozilla Thunderbirdとか使うからOutlookなんていりませんよね。

数式を編集する Math、図形描画を行う LibreOffice DrawもMS Officeでは独立したソフトではない。

この2つは直接立ち上げて使うことはあまりないけど、Drawは単独でもそれなりに使い道あるみたいね。
(参考 : OpenOffice.org「Draw」はMS Officeには無い付加価値へ (ITmedia))

今日の話題はワードプロセッサ・表計算・プレゼンテーションの3つだけ。


まずワードプロセッサだが、まず自分で一から書く文書はLibO Writerでしか作らない。

というのもMS Wordの機能でよくわからんのがあって。そのわからん機能というのが図表番号と参考文献ですね。

どちらも論文を書いたりするのには欠かせない機能だが、慣れてないからかMS Wordではさっぱり使えん。

機能としてはあるはずなのだが……MS Word使ってる人もようわかってないようだしどうなんだと。

図表番号を入れて、挿入の相互参照で図1とか入れて、参考文献項目の挿入で文献番号入れて、参考文献一覧を末尾に付けて……

あとWriterに関係して数式だが、これについてもMS Officeにも数式機能があるがLibO Mathの方が慣れてる分使いやすい。

LibO MathはTeX風のテキスト入力で打ち込むのでやりやすい面がある。

フォーマットを渡される場合、MS Wordで編集することもあるが、どちらかというとLibO Writerで読み込ませて書くことが多い。

確かにLibOで読み込むと細かいところで崩れたりすることもあるが、致命的な差は生じないし、細かいところにこだわる必要もない。

フォーマットはフォーマット、従うべきものに従っていれば別にいいわけだ。


次に表計算だが、これこそLibO Calcしか使わない。

研究室で表計算を使うことが少ないだけなんだけど。

たまにフォーマットが渡されてそれを埋める必要があってMS Excel使うことがあるけどそれぐらい。

別に数字埋めるだけなら、操作に慣れてなくてもなんとでもなる。

そんなわけでほとんど使わないMS Excelだけど、機能的には高く評価している点がある。

それがグラフですね。OOoのときからそうだけど棒グラフや円グラフのラベルの付け方がねぇ……

よく使う散布図とかはそんなに気にならないんだけど。

別にLibOが使えないわけじゃないけど、やっぱりMS Officeはよくできてるなと思うところ。


最後にプレゼンテーションだが、これは実はMS PowerPointを使うことの方が多い。

というのも発表にあたって研究室のノートPCや他の研究室のノートPCを使うことが多いから。

それらのノートPCにはLibOは入っていない。なので研究室でMS PowerPointを使って作ることが多い。

自分のノートPCは逆にLibO Impressしか入ってないから、これで発表する場合はImpressで作ることが多い。

そういう使い分けですね。ただし、これを超える方法がある。それがPDFを使うこと。

僕はアニメーションを使うことはあまりない。なので、PDFで発表しても問題となることは少ない。PDFとは便利なものです。

学会でPDFにして発表資料を提出というのがあったけど、理にかなった話だ。

使い勝手だが、MS PowerPointの方が図形の編集がやりやすいように思うが、どっちもそれなりかなと。

ただ、かっこいいスライドを作るならMS PowerPointの方がよっぽどツールがそろってますね。SmartArtとか一度使ったけどよくできてるね。
(参考 : Smart Artでかっこいい図表を手早く作る (All About))

あとLibO Drawを単独で使うことが想定されるポスターの作成もMS PowerPoint使ってましたね。

過去のプレゼンテーションのスライドの流用の都合とか、図形の編集のやりやすさが決め手か。


こんな具合で、振り返ってみるとMS PowerPointぐらいしかまともにMS Office使ってないやんって。

発表環境の都合が大きいけど、MS PowerPointはよくできたソフトで、LibO Impressではかなわない点もあるのよね。

それと比べればLibO Writer・LibO Calcの完成度はかなり高い。

そんな中では慣れているLibOをできるだけ使っていこうという選択をすることが多い。

もっとも研究関係の仕事では最終的にPDFになればよいことが多いので、好きなソフトをつかいやすいという背景もあるんだがな。

世のオフィスではMS Word形式で提出してとかあるわけで、そうなってくるとLibOでは互換性に問題が生じる。

そうなるとMS Officeで、ということになるかな。LibOで編集してMS Officeで開き直し調整するということもできるけど。わざわざそんなことすることもあるまい。


Author : Hidemaro
Date : 2012/06/27(Wed) 23:52
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools