日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

RxとTxを入れ替えてつなぐんだ

UARTやRS232Cのシリアル通信では2本の信号線を使って通信を行う。

送信と受信で1本ずつ使うようになってるんですね。


UARTやRS232Cに対応したインターフェースを見ると、ポート名がRx・Txとなっている。

はて、RxとTx、それぞれどういう意味なのか。

どうもRxはReceiver、TxはTransmitterを表しているようだ。

その機器にとっての受信側をRx、送信側をTxと呼んでいる。

これを抑えておけば理解が進みやすい。


では実際どういう風にUART対応の機器を接続するか。

RxとRx、TxとTxを繋げばいいわけではない。

一方の機器からみた送信側というのは他方の機器から見れば受信側ということになる。

だからRxはTxに、TxはRxにつなぐことになる。

うっかりすると間違える。


RS232Cのポートへ接続する場合も考え方は同じ。

UARTでは普通3.3Vか5Vの信号を使うことが多いが、RS232Cへの接続へはレベルシフトが必要になる。

このレベルシフトにはMAX232というICがよく使われるらしい。

これのCMOS/TTLレベル入力にUART側のTxを接続し、出力をRS232CのRxに接続する。

逆にRS232Cレベル入力にRS232CのTxを接続し、出力をUARTのRxに接続する。

これで端末のRS232Cとストレートケーブルでつなげばいい。


FPGAでUARTまわりの回路を設計してたときちんぷんかんぷんなままやってたので、どっちがどっちかわからず困ってしまったことがある。

Rx・Txの意味を理解した上で、FPGAボードの回路図を見ればすぐに理解できただろうに。

大切なことだと思うので覚えておこう。


Author : hidemaro
Date : 2012/06/15(Fri) 23:50
電気・数学・物理 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools