日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

深夜にバスが走る大晦日から元旦

12月31日から1月1日にかけては鉄道・バスで終夜運転が行われることが多い。

アメリカのニューヨークでは地下鉄が普段でも終夜運転しているようだが、

日本では都市内で終夜運転したところでどうしょうもないという考えなのか、普段は行われていない。

ところがこの大晦日から正月にかけては初詣などで需要が見込めることもあって、盛んに実施されている。

ただ、実は今年は東京都市圏ではすでに2度も終夜運転やってたけど。帰宅困難者の救済のために一部路線で行っていたの。


いくら初詣などで終夜運転の需要が見込めるといっても普段の昼間に比べればよっぽど利用は少ない。

そのため各停主体のダイヤで実施されるのが普通。

近鉄奈良線では尼崎~奈良の各停を毎時3~4本程度運転することになっている。

ただ、京阪では利用者が多いためか急行と各停がそれぞれ20分間隔で走るし、

近鉄大阪線は遠く伊勢まで走っていくこともあってか、榛原までの各停が毎時2本の他に、伊勢まで行く急行が毎時1本、特急が毎時1本走る。

有料特急が終夜運転するというのはなかなか珍しい光景か? まぁさすがは近鉄といった感じである。

逆に終夜運転中、普段より増発する変わった路線もある。近鉄の生駒ケーブル、京阪の男山ケーブル、どちらも参拝者が多いから。


鉄道は主要路線ではこんな風に終夜運転を行うが、バスで終夜運転というのはそう多くない。

けど終夜運転するところがないわけじゃない。

伊勢神宮の内宮は駅から離れていて、五十鈴川駅から参道まで20分ほどかかる。まぁ歩けない距離ではないのだが。

しかし、伊勢神宮は外宮、これは伊勢市駅から近いが、これを参ってから内宮を参るのが正式の参拝だとされている。

となるといちいち駅に戻って電車に乗って歩くというのはじゃまくさい。まぁそれを2010年の初詣ではやってたんだが。(参考 : 元日の朝から夕方まで)

まぁそういうこともあって、普段から 宇治山田駅→伊勢市駅→外宮→内宮→宇治山田駅 というバスが走っている。

内宮と外宮・宇治山田駅の間で五十鈴川駅を経由する系統も走っている。

終夜運転では 外宮前・宇治山田駅前~内宮前のバスと 内宮前~五十鈴川駅のバスが走るらしい。

終夜運転・正月臨時ダイヤともに時刻表がないが、これは時刻表がいらないという意味だろう。


バスがないとやってられないというと京都である。もちろん終夜運転をやる。

ただ、全部特別ルートでの運転で、普段のバスとはルートがかなり違う。

北野天満宮へのアクセスのため走るのが特50号系統、京都駅→四条大宮→西大路四条→北野天満宮前→二条駅前→四条大宮→京都駅と走る。

普段と違うルートになる理由はようわからんが。

北野天満宮と京阪電車・熊野神社・平安神宮との往来を意図しているのか走るのが特201号系統、四条大宮~西大路四条~北野天満宮前~出町柳駅前~熊野神社前~京都会館美術館前、

普段の201号系統を1/2周ぐらい走っておいて途中でエスケープする変なバス。

京都駅から清水寺へのアクセスのための特206号系統、京都駅→七条京阪前→五条坂→五条京阪前→烏丸五条→京都駅、

なんか観光シーズンの臨時バスであったような。清水寺に行くぐらいしか使い道はなさそうだが、歩いて八坂神社・知恩院へも。

まぁ地下鉄・京阪もあるからそんなに重要なバスではない気もする。


またすごいのが奈良である。

初詣臨時バス/春日大社・東大寺・興福寺 (奈良交通)

終夜運転では市内循環を30分間隔・JR奈良駅~近鉄奈良駅~春日大社表参道を20~30分間隔・シャープ前~JR奈良駅~近鉄奈良駅~春日大社表参道を30分間隔、

全部合わせたらJR奈良駅~近鉄奈良駅~春日大社表参道にはどれだけのバスが走るのだろうか。

この終夜運転でおもしろいのは、直接初詣に使われるJR奈良駅~近鉄奈良駅~春日大社表参道以外にもけっこうバスを走らせていると言うこと。

市内循環のJR奈良駅~高畑町とかシャープ前~JR奈良駅は沿線にそれほど有名な社寺があるわけでもない。沿線の人が初詣に使うんかね。

あとまぁ、これは終夜運転とは関係ないんだけど、三が日に高畑町→近鉄奈良駅→宮跡庭園→イオンモール大和郡山と初売号なんてバスが走るんですね。

一体どういう需要を見込んでるのかようわからんが、奈良交通の初詣輸送へのやる気が見えてくる。

他にも奈良県各地の有名社寺で終夜運転やってる。松尾寺へ路線バスが乗り入れないからって最寄りのバス停から無料バスを走らせるなんてサービスもやっている。


年の初めはこうして特別なことが多いですね。

終夜運転させるだけの需要を生み出すイベントなんてまぁなかなかない。

あとここには書かなかったけど、初日の出の臨時列車・臨時バスも運行されるところがある。

日の出なんて特に珍しいものではないけど、初日の出は格別なのだろう。こんなのも不思議な光景かな。


Author : hidemaro
Date : 2011/12/26(Mon) 23:17
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools