日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

京都でプロコンやるとはいうけど

昨日のBlogだけど書いたはいいが、なぜか反映されてなかった。まぁ文章は残ってたので今日帰ってきてからPostしたけど。

まぁともかく、今日は冬至、最も日の短い日に今年の授業は終わった。

もっとも木曜日って研究の日だから授業なのかはようわからんが。

一応、来週火曜日までは学校は開いてるのだが、冬休みは短い休みなのでみっちり休ませてもらおうと思う。


そんな授業最終日、今日から舞鶴市でプログラミングコンテストが行われている。

第22回プログラミングコンテスト概要

今年の会場は舞鶴市だが、実はもともとは舞鶴でやる予定ではなかった。

もともと、今年の大会の担当は一関高専だった。なので一関市でやるんじゃないかと思われていた。

ところが今年3月に起きた地震の影響でとても大会実施という状況ではなかった。

しかしプロコンは秋にあるから、まだなんとかなるということだったのか、

主管校を舞鶴高専に変更して少し時期を遅らせて12月に実施することにした。


舞鶴高専というと期待してしまうのが会場。

舞鶴市は日本海側ということでアクセスが悪いが、もうちょっと広い視点を持ってみると、

舞鶴高専は京都府にあるので京都府内ならどこで開かれても不思議ではない。とも言える。

各地からのアクセスを考えれば京都市内やその周辺地域で実施することの方がよいように思う。

その舞鶴高専による振替が決まった直後に公開されてた会場は四条烏丸の京都産業会館だった。

しかし少し経ってみると、会場がかわっていて伏見区のパルスプラザになってた。

パルスプラザとか僕が舞鶴高専に主管校を変えて実施すると聞いたときに真っ先に浮かんだ会場だったので、あまりに予想通りで驚いた。

が、最終的には舞鶴市の舞鶴市総合文化会館で実施されることになったようである。


この経緯はようわからんが、プロコンの実施にあたっては補助学生を動員する必要もあるだろうし、

そこらへんの都合もあったのかもしれない。

舞鶴から京都に学生を呼び出すとか無茶やわな。

府立高専や奈良高専の学生を呼び出す方がよっぽどやさしい。

まぁ他にも理由はいろいろ考えられるけど、これは実際に実施するに当たっては無視できない問題じゃないかと思う。


「京都」という言葉はよく目にする。しかしこれを見るたび、この京都はなんなのか頭を悩ませることになる。

行政区分として京都府と京都市というのがある。

このいずれかを示しているのだろうか? と思うが、必ずしもそうとも言えない。

京都市というのは郊外を取り込んで非常に広い市となった。

北部の左京区・北区・右京区はかなりを山林が占めている。特に右京区は2005年に京北町を編入している。

京北町は律令国で見ると、他の京都市が山城なのに対して、ここは丹波となってしまう。

もちろん編入された理由には平安京ができたときから木材の供給などで縁が深かったということはあるが、それにしても広い。

そこで京都の都心部、洛中と呼ぶが、これが京都という見方もある。京都の人が市内といえばそれは洛中のことだろう。


もう1つ、京都府も問題である。

京都府は南は山城国、北は丹波国・丹後国で構成されている。

南部には京都市内も含む広い京都盆地(山城盆地とも)が広がっている。

そこを流れるのは木津川・宇治川・桂川だが、このうち桂川の上流には亀岡盆地がある。

ここは丹波国の南部にあたり南丹とか口丹とか呼ばれている。京北町もそうですけど、古くから京都との繋がりが深い。

その北に分水嶺があって日本海側にあたる地域が広がっている。舞鶴市は日本海側の港湾都市である。

ですから、京都府とはいえ山城・南丹と中丹・丹後ではずいぶんと性質が違うんですよね。

京都府と思って口から出た「京都」は中丹・丹後は指していないかもしれない。


まさに今回のことは「京都」という言葉に主催者、参加者ともども揺られた大会なのかもしれない。

実は舞鶴高専が主催で行っている大会の中には京都市内で開催されたものもある。

最近聞いたところでは第5回近畿地区高専英語プレゼンテーションコンテストが京都市の京都リサーチパークで実施されている。

そういう実績は過去にもあるようで、それだけに期待もあったのかもしれない。

今回の会場がパルスプラザだったら23日(2日目)だけでも見に行ったのにな。(参考 : 高知で見るプロコン競技部門)

さすがに舞鶴では1日だけのために行く気にはなれないや。

まぁけど当たり前の結果といえばそうである。やっぱりあそこは日本海側の港湾都市、舞鶴市の学校なんだよ。

直接応援には行けないけど、全国から集まった高専生の活躍を期待したいと思う。

まぁUstreamで配信もあるので、また明日時間があれば見ようと思う。


Author : hidemaro
Date : 2011/12/22(Thu) 23:47
社会 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools