宇治のルーツは宇治川右岸にあり

今日は所用のため宇治へおでかけ。

JR宇治駅集合だったのだが、少し厄介だった。


JR宇治駅は宇治川の左岸、宇治橋から600mほどのところにある。

ちなみに宇治川ってのは琵琶湖から大阪湾へ至る淀川の京都府内の通称ね。

宇治橋から平等院は近い。そして宇治川の右岸、宇治橋東詰すぐのところに京阪宇治駅がある。

宇治橋界隈にいくにはこの2駅のいずれかを使うのが一般的である。

しかし近鉄でいくのは不便で、どっかでJRに乗り換える必要がある。

乗り換え駅の候補は2つある。

1つは近鉄郡山駅とJR郡山駅で乗り換える方法で、徒歩10分ほどで乗り換えられる。

この2つの駅は奈良県内での近鉄・JRの乗り換え駅としてはかなり優秀な部類にあたる。意外に近いし、両線本数が多い。

京都府内に入ると、新祝園駅もJRとの乗り換え駅だが、こちらは接続路線が学研都市線で、奈良線ではない。

もう1つが大久保駅と新田駅で乗り換える方法だ。

ん? そんな乗り換えあったっけ? と思う人も多いかも知れない。僕も宇治市に住む知り合いに教えてもらって初めて知った。

大久保駅は急行停車駅で、新田駅は快速停車駅なのでそれなりに便利。ただし昼間のみやこ路快速は新田駅を通過する。

この2つの駅は地図で見ると近いのですが、直接結ぶ道がないので徒歩10分ぐらいかかるようです。


ところでここで出てきた大久保駅の所在地は宇治市だったりする。

近鉄は宇治を通っているという印象はあまりないけど、実はこうして通っている。

しかもこの大久保駅、宇治市内ではダントツで利用者の多い駅でもある。

近鉄は宇治市の西側を通ってるのだけど、このあたり住宅地が広がっていて、西の端は工場なども多く利用者が多いのだろう。

観光客が思う宇治の風景とはまったく違うが、宇治市の生活の中心は近鉄沿線の西側にあるようである。

ちなみにJR宇治駅・京阪宇治駅へは大久保駅からバスが出ている。

近鉄から宇治橋界隈へはこのバスを使うのも手ではある。

近鉄大久保~宇治橋西詰なら200円だし。京阪宇治まで乗ると230円するけど。


まぁ実際には大久保駅より2つ京都よりの小倉駅からJR宇治駅まで歩いたんですけどね。

2kmも離れてないから20分もかからずに往来できる。宇治橋までだと+10分ぐらいかな。

ただ両駅付近の道路が少々複雑なので、おすすめとは言えない。

近鉄だけで済むので安いのがとりえだが。


さて、先ほど書いたように現在、宇治市の生活の中心は西側の近鉄沿線である。

市の公共施設はJR宇治駅よりやや西側に多くある。

いずれにせよ宇治川左岸が現在の宇治市の中心である。

ところがかつてはそうでもなかったらしい。


かつて山城国に宇治郡、久世郡などの郡があった。

こう書かれると現在の宇治市は宇治郡が基本となってそうだが、そういうわけでもない。

宇治郡は宇治川右岸、久世郡は宇治川と木津川に挟まれた地域にあたる。宇治川左岸は久世郡なんですね。

宇治郡は宇治市の宇治川右岸の他に現在の京都市山科区・伏見区醍醐地区まで含んでいた。

なんか現在の宇治市の姿を考えるとずれてる気がするけど、それなりに理由はある。


その昔、京都と奈良を往来するルートは、現在のJR奈良線のように宇治川右岸を進み、宇治橋で宇治川を渡るルートだった。

現在のメインルートである国道24号線や近鉄京都線のルートとは違うけど、その理由は当時巨椋池があったから。

後に豊臣秀吉により巨椋池に太閤堤ともいわれる小倉堤ができてからは、ここを通るルートが使われるようになったそう。

そんな宇治の地だが、先に開拓されたのは京都に近い宇治川右岸の方だったようだ。

そんなわけだから、古くの宇治というのは宇治川右岸のことを指していたようだ。

後に宇治川左岸は貴族の別荘地として開拓されて、両岸ともに宇治と呼ばれるようになった。

平等院があるのは宇治川左岸ですからね。あれなんかまさに貴族の別荘だからね。


今の宇治市の姿をみていてもよくわからないが、古くはそうだったということが今は消えた郡から知ることができる。

昔から山科と醍醐が宇治郡で、宇治市の大部分が久世郡というのは不思議だなとは思ってたんだけど、

なるほどと納得のいく話である。