日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

<< 過去

未来 >>

Athlonシリーズの改革真っ最中

なんか書いてたら文章飛んでしまった、一体どうしたんだ…
さて、AMDのCPUの話。
最近モデルナンバーの規則が随分変わりました。
Phenom X4 : Phenom X4 9xxx
Phenom X3 : Phenom X3 8xxx
Athlon X2 (旧 Phemon X2) : Athlon X2 6xxx
Athlon X2 (旧 Athlon 64 X2) : Athlon X2 4xxx
Sempron X2 (旧 Athlon 64 X2) : Sempron X2 2xxx
Sempron : Sempron LE-1xxx
というわけで、どうもわかりにくい。
このうち、一番複雑なのがデュアルコアの部類だな。
キャッシュの少ないものがSempron、多いものがAthlon X2に振られて、Phenomの技術のが6000番台と、こういうことです。
Sempronの命名規則だけちょっと違うけど、もともとはBE-2xxxとかいう風に全部振るつもりだったのが変わったのが原因。
それでSempronだけなぜかこの規則のまま。
モデルナンバーに、eと修飾が付くことがあるが、低消費電力の意味だと思う。
そしてLEにはその意味を含んでいたりもする。まぁちょっと違うけど。
実は注目してるのが、Sempronの系列。
Sempronの系列はL2キャッシュが少ない程度であまり差がない。
しかもAMDのCPUはそもそもL2キャッシュが少ないので、減らされても減った気がしない。
それに、AMDのCPUは構造上、キャッシュはあまり重要ではない。
事実L2キャッシュが違う程度ならベンチマークの結果もあまり変わらんそうだ。
なのでそれなりにアリだと思う。
ただ、取り扱いがちょっと少ないな。まぁこれでもIntelに比べれば…
というのも、IntelのCPUのラインナップが偏り過ぎな気がするんだ。
Intel Core 2 Duo・Quad・Extream、Pentium Dual-Core、Celeron Dual-Core、Celeron
このうち、何も付かないCeleronだけシングルコア、あとはデュアルコアかクアッドコア。
しかも、Celeronの取り扱いって少ないんだよね。とんでもなく。
Pentium DCぐらいになると取り扱いが多い気はするのだが…
もっともCeleronはかなりL2の量が減っている。これはちょっとひどいかも。
だけど、安いね。そりゃ、Core 2 Duoまで行くとちょっと高い気がするけど。
高性能なシングルコアのCPUは最近ないですねぇ。
古いAthlon 64を取り扱ってるところならいいのが手に入るでしょうけどね。
だけど新しくは作らんらしい。
時代はデュアルコアぐらいは普通に出来ると思ってるんだろうが、そう甘くない気もする。
ましてクアッドコア、あまりにもてあますそうだ。まぁこれは仕方ないか。
Author : hidemaro
Date : 2008/05/27(Tue) 23:59
コンピュータ・インターネット | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools