日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

未来 >>

関空から京都に行くのに便利な茶色い乗り物

阪急というと大阪では梅田でしか乗れないイメージがある。

近鉄なら鶴橋~難波で、京阪なら京橋~淀屋橋・中之島でいろいろな路線と接している。

南海でも難波・新今宮・天下茶屋と、阪神はもともと梅田・野田ぐらいだったが、なんば線ができて西九条~難波も乗り換えに便利に使えるようになった。

けど阪急は十三で3線束ねられたあと、梅田まで他路線との乗り換え駅はない。だから梅田に行くしかない。

しかし、京都線についてはそれは正しくないらしい。

淡路から天神橋筋六丁目方面の電車に乗れば堺筋線で大阪の都心に行くことが出来る。

意外と使い勝手のよいルートらしく、京都線に限ってはこれはかなり有用らしい。


堺筋線は大阪の地下鉄の中でもあまりぱっとしない路線だよね。

西に御堂筋線・東に谷町線があって、特に御堂筋線は近いから、駅と駅が地下道でつながってるとか珍しくない。

京阪で大阪に来た時に日本橋に行くのに、北浜から恵美須町とか日本橋まで乗ったけどそれぐらい。

阪急・京阪・近鉄・南海と乗り換えができるが、まぁこのへんは御堂筋線にも言えること。

ただ、北端で阪急と直通していて、南端の天下茶屋での南海との乗り換えは他にない便利さらしい。

どうも堺筋線の改札出たらすぐに南海の駅があるようで。


そんな特徴を生かして、堺筋線は南海と阪急京都線や京阪を連絡するのに利用されているらしい。

御堂筋線で難波まで行ってというのもありだが、難波での乗り換えはややめんどくさいし、阪急からだと梅田の乗り換えもややめんどくさい。

京阪からだと京橋~新今宮で環状線に乗るのもいいし、そっちの方が安いけど天王寺で乗り換えとか長時間待たされることもしばしば。

といろいろ考えると堺筋線を使うというのは確かに賢い。

近鉄からだと南海は難波で歩いて乗り換えれば済むのであまり考えたことはなかったが、なるほどなと思った。


南海に乗って行けるところというと和歌山とか高野山とかありそうだが、やっぱり関空ですかね。

これまで僕も何回か南海に乗ったことあるけど、関空に行くのと堺に行くのにしか使ってないから一番重要そう。

関空へはJRでも行けるが、南海に比べてJRはかなり高い。

JRだと天王寺~関空で1030円するところ、南海だと890円で済む。JRは分割するとやや安くなるが、まぁ微妙な話。

さらに特急乗るぞとなれば、はるかの特急料金は自由席で730円に対して、ラピートの特急料金は指定で500円。

というわけで大阪と関空を移動するなら南海の方が断然安くて済む。

こうやって運賃が安いと示されると、けど南海は遅いんでしょと思ってしまうけど、実はJRも速くなくて、所要時間は同じぐらいというのが事実。

ラピート と はるか なら途中の停車駅の数が全然違うからはるかの方が速いけど、いまははるかは1時間に1本が基本だからその速さも生かせるか微妙。

乗り換えの回数など考えるとJRの方がよい面もあるのは確かだが、なにかと関空アクセスに南海を使うのはいいアイデア。


これを京都から堺筋線経由で使うことを考えてみる。

阪急だと関空~天下茶屋~天六~河原町が1550円、京阪だと関空~天下茶屋~北浜~三条が1520円と、

京都~関空を全区間JRで行く時の1830円とか、リムジンバスの京都駅~関空の2500円に比べると、かなり安くて京都の都心に直接行き来できるという点で優れている。

所要時間もJRで関空快速・新快速を使う場合に比べてそう悪いとも言えない。

せいぜい10分ぐらい余分にかかるだけだし。新快速の化け物じみたスピードを考えればこの程度で済むのはなかなか健闘していると言えるかな。


最近、この 南海-堺筋線-阪急ルートでの関空アクセスのための割引きっぷが売られるようになった。

関空アクセスきっぷ (阪急電車)

京都アクセスきっぷ (南海電車)

なぜか方向によって名前が違う。関空行きは阪急で、京都行きは関空でしか売ってない。

さっきの1550円相当の区間が1200円で利用できる。さらにラピートが+300円で利用できるなどかなりお得感がある。

あとおもしろいのは阪急の有効区間が天六から390円区間なので、嵐山とか河原町以外からも使える。


まさかこんな有用なルートがあったとはなぁ、とこのきっぷが発売されるニュースを聞いて驚いたもの。

ところで、このきっぷが発売されると同時ぐらいに堺筋線・阪急京都線の休日ダイヤが変わって、

休日昼間は河原町発着の準急が堺筋線に乗り入れることになった。

といっても京都に行くのに使えるかと言われると微妙で、準急は遅いから特急に乗り換えんとやってられん。

だというのに、これを京都まで乗り換え無しで行けると宣伝していることにはかなり違和感を感じた。

乗り換えがよくわからない人にはいいのかもしれんけど、それでも休日昼間だけだからなぁ。正直どうなのかなと思った。

ただ、昼間ガラガラの堺筋線が減便されたのは妥当だと思うけど。そのための方便なら別にいいかなとも思うが。


Author : hidemaro
Date : 2011/06/26(Sun) 23:53
交通 | Comment | trackback (0)
blog comments powered by Disqus

トラックバック

トラックバックURL取得

Tools