日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

<< 過去

QRコードを使った決済もいろいろ?

スマートフォンアプリ「セゾンPortal」にOrigami Pay機能が追加されているらしい。

なんだそれは? というわけでインストールだけしてみた。


セゾンPortal自体はクレジットカードの利用明細の確認とかができるアプリ。

Netアンサー相当の機能しかないのならアプリである意味はあまりないが……

そんな中でOrigami Payというのは新機能なのだが、

どうも調べてみるとそういうスマートフォン決済サービスがすでにあって、

それをOrigami Payアプリ以外で利用できるようにした初めての例がセゾンPortalだったらしい。

Origami、スマホ決済サービス「Origami Pay」をオープン化 〜360万人登録のクレディセゾンのスマホアプリで、キャッシュレスを実現〜  (Origami)

これと関係あるのかは不明だが、基本的に登録できるクレジットカードはVISA・Masterに限られているのだが、

セゾンJCBとセゾンAMEXはOrigami Payで使用できるらしい。Origami自身のアプリでも、セゾンPortalでもそうなんだろう。


Origami PayはQRコードの読み取りで決済が完了するシステムだ。

タブレットなどでQRコードを表示するのが通常だが、ステッカーQRコード方式というのもある。

といっても店側がタブレットやWebブラウザから金額を打ち込むと、ステッカーのQRコードが決済に使えるようになるという方法なので、

店側が金額指定→客側が読み取って承認というフローはいずれも同じだ。

利用者はクレジットカードを登録して使うから、クレジットカード決済のラッパーに過ぎない。

加盟店側にとっては導入が容易であることと、あとアプリを通じてキャンペーンを打てるのが特徴だと。

日本におけるQRコードを使った決済サービスでは先行していたようで、加盟店も比較的多いらしいが。

利用者にとっては……財布は出さなくてもいいか。アプリを起動してQRコードを読み取るだけだし。

あとはキャンペーン次第というところはあるようだ。


類似したサービスとして LINE Pay と 楽天ペイ がある。こっちの方が名前は聞く気がするが。

LINE Payは店での利用以外に個人間の送金や割り勘ができる。銀行口座などからチャージするプリペイド方式だ。

利用者がJCBプリペイドのプラスチックカードの発行を受けられることなどからして、

QRコードを使った決済というより、インターネット・実店舗を通じたプリペイド決済と考えるべきなのかも。

その1つとしてQRコードを使った決済があるって話で、店舗での使用方法はQRコードを店側の端末に読み取ってもらう方式とのこと。

楽天ペイはクレジットカードを登録する方式で、VISA, Master, 楽天カード(JCB含む)が登録できる。

クレジットカード決済のラッパーに過ぎないのは同じだが、楽天スーパーポイントを期間限定ポイント含めて使用できるのが特徴とのこと。

支払方式はQRコードを読み取ってもらうか、QRコードを読み取るか、自分で金額指定して支払うか3種類ある。

自分で金額指定するのは飲食店で伝票を見てあらかじめ払うようなケースを想定しているようだ。


店側でQRコードを読み取る方式の場合、店側主体で決済処理が進むという点ではわかりやすい。

ただ、客側は画面を表示するだけで金額などの承認することなく処理が進むというのは問題かも知れない。

クレジットカードのサインレス決済と同等とも言えるけど。

逆に店側が用意したコードを客が読み取る方式だと、その点は問題ないが、店側が支払いが完了したことを確認する方法が必要だ。

タブレットでQRコードを表示する方法なら、決済完了が画面に表示されるから問題はないのかな。

Web上に上がっている使用例ではほぼタイムラグなく表示されているようだったが。

楽天ペイの客が金額指定して支払う方式だと、店側が確認手続きをしてもよいが、決済完了画面を見せてもらってOKとすることが通常のようだ。

画面が偽造されると怖いけど、それを恐れるなら店側で確認しろという話なんだろうが。


なかなか一長一短あるなぁという感じはするけど、

クレジットカード使える前提で言えば、店側がサインレス決済に対応してるのが一番便利じゃないの? って思うけどね。

未だにセゾンカードはICチップ搭載されてないのが主というのも、どうせ西友ではサインレスだし磁気ストライプしか使わないしというのがありそうなんだよね。

真相はさておき、客はカードを出すだけ、店員はレジで通すだけで終わるんだから、これほど楽はことはない。残高のことも気にしないし。

プリペイドということで言えば、SuicaやらWAONなどが普及している。これまたタッチするだけだから便利だよね。

ただ、いずれにしても導入できる店は限られているけど。


そこでスマートフォンを使った決済は、設備面でも簡単だし、操作もそこまでめんどくさくはないが……

店側も客側も慣れればけっこうよさそうに見えるが。使ったことないのでなんとも言えないが。

そんな中で、とりあえずOrigami Payは容易に導入できたので、何か使う機会があれば。

けっこう加盟店はあるみたいなんだけど。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/22(Sun) 23:43
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

WAONの残高が減らないどころか増える

ちょっと前まで僕にとってのイオンカードの位置づけはキャッシュレスで牛丼が食べられるカードだった。

これは吉野家でWAONが使えて、オートチャージも使えるから。

もっとも家の近くにイオン系のスーパーがあって、WAONポイントカードとしては重宝しているのだが、

決済手段として重宝しているわけではないからね。支払いはSuicaなもんでね。


ただ、最近は吉野家でのWAON使用頻度すら減っている。

というのも、吉野家で食べるときに株主優待券を使うことが多くて、

株主優待券が300円単位で端数が出るものの、それはTポイントで処理することが多いから。

以前はこういうケースでも端数はWAONでと言ってたんだけど、

Yahoo!ショッピングでTポイントがだぶつきがちなので、それの消費も兼ねて、最近はTポイントを選んでいる。

WAONが使えるレジは限られるが、Tポイントは全てのレジで対応しているから、店員に手間をかけない。


この結果、最後にWAONを使ったのは11月、半年ぐらい使っていない。

その一方でWAONの残高は増えている。変動なしというわけではない。

というのも普段の買い物でWAONポイントが貯まっているのを交換した分があるから。

WAONポイントはWAON残高に交換するのが一番使いやすいですから。

でも、そのWAONの使い道が減ってしまっていると。

吉野家でWAONを使ってもあと2回ぐらいはオートチャージの出番はなさそう。


スーパーでWAONを使っていればこういう問題はないのだが、Suica払いの方が有利なので。

金額が大きいとSuicaでの支払いは不便な面もあるかもしれないが、このスーパーでの買い物は金額が小さいし。

時々WAONで支払えば無理なくWAONポイントを消費できるとも言えるのだが、

そのうち吉野家で使うだろということで置いたままになっている。

今年中に使い道が見通せなさそうならスーパーでWAON払い数回やりますけどね。


僕は持ってないから知らないけど、セブンカードプラスってクレジットカード利用時のポイントがnanacoポイントなんだよね。

セブンカードプラスは月単位でイトーヨーカドー・セブンイレブンでの利用、それ以外の利用についてnanacoポイントを計算する。

100円未満の端数も積算してポイントを付与する一方で、ボーナスポイントなども集計して積算するということで、nanaco払いよりお得と言っている。

そして指定しておいたnanacoカードにポイントを与える仕組みなのだが……

そのnanacoポイントを使うにはnanacoで払わないといけないような気がするんだよなぁ。

実際にnanacoポイントにはnanacoチャージ以外の用途もあるので、必ずしもnanacoで支払って消費する必要はないが、一番使いやすいのがnanacoだから。


イオンカードが吉野家でのキャッシュレス決済用とポイントカードとして生きながらえているわけだけど、

当初は20日・30日に5%OFFにするなら、イオンカードがいいって理由だったんだよね。

引っ越したらイオンが近所にないから、20日・30日で5%OFFというのはなくなってしまった。(近所のスーパーは対象外)

じゃあお役御免になるかと思ったら、意外とそうでもなかったと。

とはいえ、やっぱり当初の想定とはいろいろ違うよね、まぁ年会費無料だからそこまで深く考えなくてもよいとも言えるが。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/21(Sat) 23:31
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

分けられるが別付けになってしまった

今日は休暇を取っていた。

大した用事はなかったのだが、休暇は計画的に取らないとね。

そんなわけで東京国立博物館にやってきたわけだが、

3月でパスポートが切れたので、とうとう「東京国立博物館メンバーズプレミアムパス」を作った。


このあたりの事情は去年に書いている。

博物館入り放題はお得だった

去年3月までは1年間有効のパスポートが、一般では1年4100円、30歳未満だと3000円で作れた。

これは全国の国立博物館で平常展は見放題、特別展は6回、ただし同じ展覧会は不可となっていた。

こういう会員制度は全国の国立博物館それぞれにあって、特別展の利用法と値段には多少の差があったがほぼこんな感じ。

これが去年3月をもって廃止となり、それ以降は有効期限限りとなっていた。すなわち今年3月で完全終了ってことだね。


これに代えて、全国の国立博物館共通の「国立博物館メンバーズパス」ができた。

これは全国の国立博物館の平常展見放題で1年2000円というもの。あと特別展は呈示で団体料金ですね。

ただし、東博については独自の特典を追加した「東京国立博物館メンバーズプレミアムパス」を発行している。

このプレミアムパスの付加機能というのが、4枚の特別展観覧券が付いてくるということ。

東博で1年間で4回まで特別展を見られるということは確かなのだが、一体どんなの?


というわけで、受付で申し込むとプラスチックカードと封筒を渡された。

プラスチックカードは表題こそ「プレミアムパス」だが、機能は 国立博物館メンバーズパス と同じだ。

すなわち全国4館で平常展を見放題、特別展は団体料金になると。

封筒には特別展観覧券が4枚、ミュージアムシアターの無料券1枚が入っていた。

この特別展観覧券の説明によれば「本人でなくてもこの券があればご覧いただけます」とのこと。

1枚ずつ分かれているから、同一の展覧会は1回限りという制約も外れたようだ。

特別展観覧券には有効期限の表示があり「非売品・転売不可」と書かれていた。


というわけで、カードを呈示して館内に入り、特別展の入口で特別展観覧券を渡した。

そしたら、そこで券をもぎって、裏面に日付印を押された。

この日付印ってこれまでパスポートに押していたものと同じで、展覧会の名前入りになっている。

パスポート廃止されたんだから、展覧会の名前入りである必要はないと思うんですけどね。

もっとも日付の入っていない観覧券に日付印を押すということ自体は、博物館では一般にやっていることですが。

再入場とか考慮してのことなんだと思うけど。日付さえ入れば良いので「18.04.18」とだけ押せば十分だが。


今回は博物館の入口ではカードを呈示したが、特別展観覧券を入口で呈示してもよいはず。

実際、裏面には「当日に限り総合文化展も併せてご覧いただけます」という記載がある。

本人の利用しか想定していないなら書く必要ない文言だが、本人以外が使うなら重要なことだ。


それにしても、カードと特別展観覧券が分かれているのはちょっと不便な気がするな。

今までパスポートさえあれば平常展も特別展もOKだったのだが、今後は特別展の場合は観覧券を持って行く必要がある。

パスポートもカードサイズだったので財布に入ったが、短冊状の観覧券はそうはいかない。

ここのところは株主優待券とかチケット類を持ち歩いているから、そこに一緒に入れておけばよいが、

今までより取り回しが不便だと思う人もいるだろうし、特別展見るつもりが特別展観覧券忘れたってことが発生しそう。

家族・友人に分けられるというのがメリットだと思わない人にとってはそこが難点ですね。

同じ展覧会は1回限りという制約が外れるのは朗報でしょうが。(実際に同じ展覧会に2度行くかはさておき)


ちなみに東博の会員制度には「友の会」というのもある。年会費8000円だから、ちょっと高いが。

こっちはもともと家族・友人に分けることを想定したような制度になっていた。

会員は国立博物館4館で平常展見放題であるにもかかわらず、総合文化展招待券6枚が与えられ、

特別展観覧券が6枚、これはプレミアムパスと同じで、本人も使うし、本人でなくても使える。

確か、この制度は以前から変わってないはず。

かつては家族・友人で分けられる友の会と、本人限りのパスポートという明確な差があったんだと思うが、

その差が少し埋まってしまったってことなんかね。でも、平常展だけ分けるのはやっぱり無理だから中途半端な話ですけどね。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/18(Wed) 23:12
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

使えない郵便番号

職場の人に「この会社の郵便番号って何なんですか?」と聞かれて、

え、そこに書いてあるじゃないと言うと、どうもWeb上で会社情報を登録しようとしたら弾かれたと。

そりゃ事業所専用番号だからだね。

ということで、とりあえず町名に紐付いた郵便番号を入れて、それで所在地を打ち込むことにしたようだ。

その後に事業所専用郵便番号に補正できるのならやればよいし、できなくても町名に紐付いた郵便番号なら間違いじゃないし。


確かに僕もとある証券会社に勤務先を登録するときに、事業所専用番号が入らなかったんだよね。

でも、そこ1箇所ぐらいだね。あとは事業所専用番号からでも町名の表示ぐらいはできたかな。

郵便番号→町名変換ができなかったとしても、手で所在地を打ち込めばよいならば、手間はかかるがあまり問題ではない。

でも、郵便番号を打ち込んで、町名変換するというフローでしか所在地を打ち込めないシステムがあるんだよね。

この方法では変換できない郵便番号は使えないことになる。これが問題だと。

というわけで事業所専用番号を受け付けなかった証券会社の勤務先登録は町名の郵便番号になっている。どうせどうでもいい情報なのだが。


郵便番号は日本郵便の郵便・荷物の配達以外にも広く使われている。

日本全国の町名を網羅したデータベースであり、よく知った7桁で町名を特定できるから便利だと。

でも、町名以外に紐付いた郵便番号というのもある。

事業所専用番号もそうだが、高層ビルのフロアに割り付けられた番号、そして郵便局の機能に割付いた番号というのもある。

高層ビルのフロアに割り付けられた番号は町名を表す番号に準じるものだけど。

郵便局の機能に紐付いた番号は、郵便局留め・私書箱あて・料金受取人払というやや特殊な郵便・荷物にしか使わないが。


郵便番号のデータは日本郵便以外の運送業者も荷物の仕分けに使っている。

そういう業者にしてみれば事業所専用番号って役に立たないよね。

ただし、事業所専用番号のデータは公開されているので、このデータも持っておけば、通常の郵便番号から町名への変換もできる。

勤務先の郵便番号は公開されているので、事業所専用郵便番号のデータベースを持っているサービスではあまり問題にならなかったと。

でも、全ての番号が登録されているわけではないんだよね。

非公開の事業所専用番号なんて、日本郵便以外にとってはただの数字の羅列でしかない。

というわけで、日本郵便以外の運送業者にとっては事業所専用番号というのはありがたくないものなんじゃないかな。


荷物送るにも、ゆうパック ならば(理屈上は)郵便番号だけで送れて、他の運送業者だと何の役にも立たないでは極端すぎる。

とはいえ、勤務先の郵便番号なんて専用番号はいくらでも見るけど、町名の番号なんてほぼ見ないからなぁ。

専用番号を見るというのは製品に印字してあるからだけど。(cf. けっこう製造者の所在地って書いてある)

こうなってくると町名に紐付いた郵便番号を書く方がかえってめんどくさいという。


余談だけど、郵便のあて先に郵便番号を書くときは、

100-0013

東京都千代田区霞が関1丁目3-2

のように1行目に頭に記号など付けずに郵便番号を書くことになっている。

一方で、郵便番号であることを示すために 〒マーク を付けて書くことは多い。

慣例的に使われているけど、郵便番号に〒マークを付けるのって公式的なものなのかな? ということが気になった。

そこで日本郵便の見解を知るために同社の会社情報を見てみると……、

〒100-8798
東京都千代田区霞が関一丁目3番2号

ということは、公式なものと考えていいんだろうかな。由来とかは調べても不明ですけどね。

なお、あて先表記は〒マークを付けないのが正解なのは、内国郵便約款に書かれていることで、そこは揺るがないので念のため。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/17(Tue) 22:16
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

早くて安いけど

音楽配信サービスが普及しているところだが、実は今まで買ったことはなかった。

動画や本はすでに手を出してたんだけどね。

もっとも本について言えば「マガジン☆WALKER」がすごいお得だったからという話なんですがね。

この雑誌が読める割には安い


今回、音楽をダウンロード販売で購入した理由は3つある。

1つ目が新品でCDを購入する計画がなかったこと。

2つ目がCD発売に先駆けて配信を開始していたこと。

そして、3つ目はその値段が思っていたより安かったこと。

新品で買う気がなかったとはいえ、将来的に購入したいとは思っていた。すなわち中古ですね。

中古でもあまり安く買えない商品はあるし、そもそも中古で流通しにくい商品もあるけど、

これは2~3ヶ月ぐらいすれば中古でほどほどの値段で買えるだろうという読みがあった。

なら大急ぎで買う必要もないやということで考えていたわけ。


そんな中で、CD発売に先駆けて配信が始まったのだという告知があって、

へぇ~と思って、今まで買おうと思って開くことのなかった配信サービスのWebサイトを開いた。

そしたら意外と安いのよね。

1曲で257円、CD収録の3曲あわせて771円、まとめ買いしても1円も安くなってないが。

とはいえ、CDを定価買いする半額程度の値段で買えちゃうということがわかった。

あとダウンロードしたら自由に変換して使えるので、その点でも悪くない。

というわけで、ポチッと買ったのだった。


確かにシングルCDって曲数の割に値段がするとは思ってんだよねぇ。

そこが中古で買うことを選ぼうと思った理由でもあるんだけど。

発売記念イベントとか目当てに複数枚購入するファンがいれば、中古市場もそのうちだぶつくだろうと。

でも、それでも半額までは行かなかっただろうから、ダウンロード販売の方が安いね。

しかも発売日より早いって言うんだから。


とはいえ、ダウンロード販売の対象は音楽のみである。

ミュージックビデオなど目当てに、Blu-ray付きCDを買うことは時々あるが、こういうのは全く代替出来ない。

あえてミュージックビデオ付きを選びたい歌手も限られているが、少しいるので。

あと、アニメ・ゲーム関係の音楽CD特有だけど、ドラマパートですね。

THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE- (Lantis)

これCDを新品で買ったんだけど、もはや音楽CDって言うよりドラマCDみたいな収録内容だ。

実際、音楽9分に対して、ドラマが50分ですからね。ってそんなにドラマパート長かったのか。

音楽だけならばCD発売に先駆けダウンロード販売していて、ハイレゾ音源でなければ514円とかで買えたようだが、

ドラマパートのことを考えると発売日早々にCDで欲しくなるよね。そういうのも稀にある。


今まで価格面はあまり考えてこなかったが、そこがメリットになることもあるようだ。

今後はそこら辺も考慮して賢い買い物ができたらなと。

結果としてダウンロード販売を選ばないケースは多そうだけどね。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/15(Sun) 22:57
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

確かにセラミックのメーカーですね

ピーラーの刃が割れたので、新しいのを買ってきた。

セラミック製の刃を備えたピーラーを使っていたのだが、使いやすかったので、またそれを買おうと思った。

それで手に取って驚いたのがパッケージに「KYOCERA」と書いてあったこと。

製造者が「京セラ株式会社 宝飾応用商品事業部」と書いてあって、確かに京セラだと。

というか刃が割れたピーラーも京セラ製だったんだよね。あまり気にかけてなかったけど。


仕事柄、京セラと言われると電子部品メーカーという印象が強い。

あと、家庭向けの製品としては携帯電話がよく知られている。

そんな中ではかなり意外な気もするが、そもそもこの会社はセラミック製品の製造から発展した会社だ。

当初の社名は「京都セラミック」ですからね。

セラミックの応用製品としてコンデンサなどの電子部品の事業を発展させていったわけだけど、

家庭向けのピーラーとか包丁とかもセラミックの応用製品ではある。


しかし、事業部門の名前が「宝飾応用商品事業部」というのはちょっと不思議な気がする。

調べてみると、京セラでは人造宝石を作っているらしく、宝飾というのはそういう事業を指しているらしい。

クレサンベールとは (京セラ)

こういう宝飾品関係の事業と、家庭用品の事業をあわせた事業部門だったらしい。

やや特異な事業部門のように見えるが、京セラ全体の売上の10%を占めているようで、全部合わせればそれなりという感じ。


セラミックの刃のピーラーは使い勝手がよいが、なにがいいんだろう。

このことについて製品の裏の説明書きにこう書かれている。

ファインセラミックス刃だから刃の摩耗が少なく、シャープな切れ味でお使いいただけます

切れ味が悪くならないというのがメリットとして大きいんでしょうね。

スーッスーッってずっとスムーズに皮が剥けるっていうのはそういうことだったわけだ。

ただ、薄く作られたセラミックなので、欠けたり割れたりということがあるのが難点ではある。

注意書きにも「カボチャの皮など硬い食材には使用しないでください」とあるのはそういうこと。


ピーラーの場合、そこまで無理な使い方はできなくて、多分、これまでのがダメになったのも衝撃のせいだろう。

イトーヨーカドーには京セラ製のセラミック包丁も並んでいたけど、

包丁とかは容易に割れ・欠けが発生しそうなので、そこが心配ですね。無理な使い方をしなければよいはずだが。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/11(Wed) 22:45
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

トマトの紙パック入り

トマトの缶詰を時々買うんだけど、最近こんな商品が並ぶようになった。

デルモンテ 完熟あらごしトマト (キッコーマン)

ケチャップを筆頭にトマトのブランドとして知られるデルモンテの製品ですね。

トマトをつぶして紙パックに詰めたものですね。


トマトの加工品にはいろいろな種類があって、

  • ホールトマト : トマトの皮を剥いてをそのままトマトジュース漬けにしたもの
  • カットトマト : トマトをカットしてトマトジュース漬けにしたもの
  • トマトピューレ : トマトを裏ごしして濃縮したもの
  • トマトケチャップ : トマトピューレに各種調味料を加えて味を調えたもの

上から下に向けて加工度が上がっているが、ホールトマトとカットトマトは同程度と言ってもよいか。

いままではカットトマトをスープの材料などに使うために買っていた。

今回、店で発見した「完熟あらごしトマト」はカットトマトとトマトピューレの中間的なものといえるが、濃縮していないというのもポイントかも。

ちなみに同シリーズには「完熟カットトマト」という紙パック入りのカットトマトもある。


こういう紙パック入りの製品も出ているなとは思ってたんだけど、缶詰に比べると商品数が少なく、価格もかなり高かった。

そんな中で、この商品は缶詰より少し高いが、紙パックのメリットを考えれば割に合う程度だと思った。

何がメリットなのか? パッケージにはこう書かれている。

1. 開けやすい

2. 捨てやすい

3. 常温で長期保管

常温で長期保管は缶詰にも共通する特徴だが、あと2つは紙パック特有とも言える。

開けやすいというのは、この商品のパッケージにはミシン目が入っていて、そこから素手で開封できる。

缶詰も缶切りがいらないのがほとんどで、素手で開封できるという点では同じとも言えるが、なかなか危なっかしいんだよね。

捨てやすいというのは、紙だから燃やすゴミに捨てれば終わりってことですね。

他に直方体なので、省スペースだし、使いさしを冷蔵庫で保管するにも楽というのはある。


ホールトマトはその形状から缶詰からは変わりにくいかもしれないけど、それ以外なら紙パックってのはいいですね。

圧倒的にコンパクトですから、流通面でのメリットも大きいのでは?

ちなみにこういうトマトの加工品というのは、たいていヨーロッパからの輸入品ですね。

効率的に生産されていること、賞味期限がかなり長いことから、かなり安く買えるのだろうと思う。

スープの材料として使うにはこっちの方が便利ですしね。その点でも理にかなっている。

安くて便利ならこれほどよいことはなく、さらにパッケージでも工夫されればなおさら好都合ですね。

今後、さらに紙パック入りの商品を取り扱うメーカーが増えてくるといいんですけどね。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/05(Thu) 22:09
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

インストアコードだし、そもそもバーコードを読まない

そろそろ暖かくなってきたので、それに応じて衣類を買おうと思った。

それで、ユニクロに買いにいった。

そういえば最近はイトーヨーカドーで買うことが多くて、あまり行ってなかったな。


目当ての商品を見つけて、あとなんか買うかなぁと思ってお買い得商品というのを物色していた。

シャツとか1000円程度で投げ売りされていたから、その中からよさそうなのを探していた。

それを物色する中でふと気づいたことがあった。

それがバーコード、ユニクロの商品のバーコードって 20 から始まってるんだよね。

普通、日本のメーカーのバーコードは 49 か 45 から始まるのだが……

実はこの20から始まるバーコードはインストアコードということで、一般流通用のコードではない。


でも確かにユニクロの商品はそれでいいんだよね。

ユニクロは製造小売業、メーカーでもあり、販売店でもある。

ユニクロの製品はユニクロの店舗以外で販売しないのだから、一般流通用のバーコードは必須ではない。

店舗での販売にバーコードは使いたいが、それが全世界で一意である必要はなく、インストアコードでいいんですね。

通常、インストアコードは店舗内だけで使われるコードだが、グループ内で共有することは問題ない。

こうしてユニクロの商品はインストアコードばかりになっているようだ。


一方でこのバーコードはレジでは読み取っていない。

これも久々に行って驚いたんだけど、値札にRFIDが埋め込まれていて、

レジでは無線で商品の情報を読み出していると。だからバーコードリーダーいらずなんですね。

在庫管理の効率化を意図したものだが、レジでも当然活用されていると。GUではセルフレジにも活用されているらしい。

RFIDを埋め込むにはそれなりにコストはかかるが、数千円とする衣料品であれば割には合うのだろう。


さて、インストアコードは 02,04,20~29 が使える。

イトーヨーカドーで買ってきた長芋のバーコードは 2445031001622 となっていた。

この長芋は量り売りなので、ものによって値段が違う。なのでバーコードに価格が埋め込まれていて 00162 がそれだろう。

価格だけではなく商品も識別できて、2445031 という部分で 長芋 を表しているのだろう。

あと8桁のバーコードでもこの考えが適用できる。

確かイトーヨーカドーで大根に巻いてたテープに書かれていたのが、インストアコードで8桁のバーコードだった。

最初、大根の生産団体がコードを取ったのかなと思ったのだが 49,45から始まってなかったから、インストアコードだったんだなと気づいた。

8桁のバーコードをまともに使用しようとすると条件が厳しいが、インストアコードならわりと自由に使える。

2xxxxxxC (Cはチェックディジット)で100万点も割り当てできるんだからね。量り売り以外ならこれだけで足りそうな気すらする。


あと、生活に身近なインストアコードとしてポイントカードがある。

ポイントカードのバーコードとして、EANコードを使っていることもあって、その場合はインストアコードの体系を使う。

ビックカメラでは28、ソフマップでは216から、ヨドバシカメラでは25、hontoでは27から始まるなど。

インストアコードのプレフィックスからチェックディジットまで会員番号として扱われている。

もっともビックカメラのレシートに書かれている会員番号は、頭の28と最後のチェックディジットを外した10桁になっているなど内部的にはそうではないみたいだけど。

なお、NW-7などEANコード以外のバーコード体系を使うならば、インストアコードの体系による必要はない。当然だけどね。

PontaはNW-7のようだが、15桁で13桁のEANコードの1.8倍ぐらいのスペースを食っている。

というのもEANコードはかなりコンパクトなバーコードで、それと比べるとどうしてもNW-7はスペース食うんだよね。


ちなみにユニクロのバーコードだが、2000105100986 のようになっていたのだが、

おそらく 10510098 の8桁が商品コードを表しているのだろう。

大手メーカーがバーコードの割り当てを受けると、13桁のうち頭7桁を割りあてられ、チェックディジット1桁を除くと5桁を自由に使える。10万点ってこと。

もしかするとユニクロは商品数が多いので、インストアコードじゃないと番号が足りないのかもしれない。

ただ、JANコードのルールでは4年経過すれば、取引先に連絡の上、番号の再利用は可能となっている。

いくらサイズ違い・色違いが多いと言っても、同時に1000万点以上も流通しているとは思えないし、新商品も多ければ、消える商品も多い業界だ。

なので、ユニクロほどの事業規模であっても、通常のJANコードが適用できないということはないんじゃないかなと。

もちろんその必要が無いのは最初に書いたとおりだが、ちょっとでも外売りするならインストアコードでは不可ですからね。

よくインストアコードで大規模に流通させるなぁとは思うけど、それだげできるのはユニクロだからこそという話なんじゃないでしょうか。


Author : hidemaro
Date : 2018/03/31(Sat) 23:24
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

永久不滅ポイントで新しい枕

永久不滅ポイントは基本的に200ポイントが1000円相当だ。

今は永久不滅ポイントの貯まるセゾンカードは使っていないので、専らカード利用以外で貯めているが、

セゾンカードで貯める場合は、利用額1000円あたり1ポイントなので、20万円で1000円相当ということは典型的に還元率は0.5%とされている。

そんな永久不滅ポイントだが、期間限定でお得な交換商品が追加されることがある。


そんなわけで交換商品を見てるんだけど、100ポイントで特定のショッピングサイトで使える2000円クーポンが追加されていた。

すなわち、よくある交換商品よりも4倍お得ということだ。こりゃここで使うしかないね。

とはいえ、そのショッピングサイトで買いたい商品がなければ意味は無い。

そんなわけでショッピングサイトでいい商品ないかなぁと思って探していたらいい商品を見つけた。

それが枕だ。


今使っている枕は引越前に母が買ってくれたもので、今まで3年毎日使ってきた。

するとカバーを掛けている割には汚れているし、なにより当初よりも ペタンコ になってしまった。

なんとなくここ最近は寝心地が悪いなと思っていたので、枕を買い換えるにはちょうどよいタイミングだと思った。

ちょうどクーポン利用に必要な最低購入金額に近い金額だったので、その点でも好都合だった。


昨日届いたので早速使ってみた。

この枕は、使い込んでも弾力の劣化が少ないのが特徴とある。枕自体は柔らかめだ。

弾力はあった方がいいかなということで選んだわけだが、これがなかなかよかった。

従来の枕よりよくフィットして、適度に支えてくれる。

こういう使い方でどうぞと書いてあるのにならって使ったが、寝心地もよかった。


これが最適の枕かはわからないけどね。

枕っていろんな種類があって、頭の形状、寝るときの姿勢でこれがよいというのがあるようで、

カウンセリング販売する店も少なくないと聞いている。

確かにいろいろ試して選べれば、さらによい眠りが手に入りそうだが、通販じゃそれは難しい。

ただ、今までの劣化したのよりはよいんじゃないかなと。

というわけで、クーポンも相まってよい買い物でしたねと。


Author : hidemaro
Date : 2018/03/29(Thu) 22:02
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

柔軟剤をいかにして入れるか

最近、柔軟剤を買った。

イトーヨーカドーでキャンペーンをやってて、特定メーカーの製品2500円ごとに500円券がもらえるということで、

2500円に満たない分を埋めるつもりで、そういえばと買った。

実際は対象外と思ってた製品が対象だったから、あってもなくても変わらなかったのだけど。


ところで柔軟剤の使い方ってご存じですかね?

すすぎの水がきれいになったら本品を入れ、3分まわすかひたした後、脱水します

これは二槽式洗濯機または手洗いの場合の指示内容だが、これが本質だ。

すすぎの時に使うというのがポイントですね。さらに言うと、2回すすぎを行う場合は2回目で使う。

全自動洗濯機の場合は、洗濯機の指定場所に入れておけば、よきタイミングで投入してくれる……ということになっている。


ところで全自動洗濯機の柔軟剤の投入方法は2つの方式がある。

1つは注水口近くの引き出しのようなところに投入するタイプ。

この方式は注水する水を引き出しのようなところを経由させて入れることで柔軟剤を投入する。

最終回のすすぎのときは、柔軟剤を入れたところを経由して給水するようにすれば、柔軟剤が入ると。

引越前の家で使っていたのはこの方式なのだが、この社宅の洗濯機はこの方式ではない。

家電製品Q&A/全自動洗濯機の柔軟仕上剤の自動投入のしくみを教えてください(東芝ライフスタイル)

洗濯槽の柔軟剤ポケットに柔軟剤を注ぐようになっており、それはここでいう投入ケース方式にあたる。

脱水の遠心力で柔軟剤がポケットを移動することで、よきタイミングで洗濯槽に投入される方式とのことだ。

全自動洗濯機では、すすぎを行う前には脱水工程が入る。

2回すすぎの場合、洗い→脱水→すすぎ→脱水→すすぎ→脱水 となるので、2回の脱水の後に柔軟剤を投入できるようにしてあると。


なるほどと思ったかも知れないが、これではすすぎ1回では投入できないのでは? と思った。

今どきの洗剤はすすぎは1回で済むわけで、すすぎ2回もやるのは時間の無駄だということで、いつも1回指定でやっている。(cf. 洗濯に時間をかけたくないが)

洗濯機の説明書を見ても、すすぎ2回以外では柔軟剤は使えないという記載はないのだが、この方式ですすぎ1~4回全てに対応できるとは思えない。

実際、このポケットを使って1回やってみたのだが、洗い上がった洗濯物から柔軟剤の香りが全くしないので、これはおそらく失敗したのだろう。


柔軟剤を使う場合は、すすぎ2回にするべきだという話もあるが、

洗剤には、すすぎ1回であっても「柔軟剤・衣料用漂白剤もいつも通り使えます」とあるし、柔軟剤にもすすぎ2回で使うことという指示はない。

そもそも、この投入ケース方式というのは、ケース内で柔軟剤が固まるなどの問題もあるという。

注水方式であれば、柔軟剤投入部に水を流すから、柔軟剤は確実に洗い流される。でもケース投入方式では遠心力に頼ってるだけですからね。

共同の洗濯機だからか、液体洗剤投入口だって、投入口で洗剤が固まって結局使えないということで、

直接、洗濯槽に投入している(注水する水と混ざるようにして注いでいる)のが実情だ。

というわけで、柔軟剤は使うにしても、洗濯機の機能に頼らずやるべきだろうと判断した。


ではどうするか? というとこうなる。

まず、洗い6分(最短)・すすぎ1回・脱水0分設定で洗濯を開始する。

そして、すすぎが終わる数分前に一時停止して、柔軟剤を投入して再開する。すると柔軟剤が拡散され、洗濯槽にすすぎ水が残った状態で終わる。

そこから3分後に、洗い0分・すすぎ0回・脱水1分設定で脱水だけやる。脱水が終われば完成だ。

柔軟剤投入~脱水開始が3分程度ならば柔軟剤の効果に問題はないので、すすぎが終わりきってから柔軟剤を投入してもよいが、

柔軟剤をすすぎ水に拡散させるには、洗濯槽を回すのが手っ取り早い。というわけで、1分でもすすぎ時間が残っている状態で一時停止するのが好都合と。

完全に終わりきってからだと、自分でかき回すとかして、柔軟剤を拡散させないといけませんからね。


手間は増えるが、何度かやってみた印象としては、そこまで無理ではないという感じ。

明示的に投入しているので、ちゃんと柔軟剤は効いているように見える。

もっとも、脱水がおわった時点では意外と香りがするのだが、乾くとそこまででもない。かすかにする程度。

あんまり香りが強すぎるのもなぁと、香りの目安が最弱のを買ったのだが、それだとこの程度なのね。

柔軟剤の本来の意図である、洗濯物を柔らかくする効果、洗濯じわを減らす効果、静電気を減らす効果などは得られているはずなのでいいけど。


Author : hidemaro
Date : 2018/03/25(Sun) 10:19
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools